クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

君は月夜に光り輝く 関連記事

  • 『君は月夜に光り輝く』初日舞台挨拶に登壇した永野芽郁

    永野芽郁、北村匠海の手紙に涙「幸せな気持ちでいっぱい」

    映画

     女優の永野芽郁が、15日都内で開催された、北村匠海とのダブル主演映画『君は月夜に光り輝く』の初日舞台挨拶に登壇。北村による手紙のサプライズを受けて、涙をこぼした。@@cutter 同作は、第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)の大賞作品『君は月夜に光り輝く』(佐野徹夜著)を原作とする青春ラブストーリー。不治の病“発光病”を患い、外出を許されていない余命ゼロの少女・渡良瀬まみず(永野)と、彼女の願いを“代行体験”する少年・岡田卓也(北村)が織りなす恋愛模様を描く。  今回のイベントには永野や北村の他、甲斐翔真、月川翔監督が出席した。  永野は、本作は「自分が出ている作品なのに変に心が暖かくなったり泣けたりする」と評価。無事公開の日を迎えて「ドキドキしている」と心境を吐露した。  また、本作にちなんで“人生を変えた出会い”を問われた永野は「スカウトマンの人」と回答。「小学校3年生の夏、吉祥寺のアーケードの下の靴屋で、『瞬足(編注:子供向けシューズブランド)がいいかな~』とか思いながら、運動会で履く靴をお母さんと選んでいた。その時、声をかけてくれたスカウトマンの人がいなかったら、私は今ここにいない。(声をかけてもらえなかったら)おそらく…大学生とかしてたのかな。全く違う人生を歩んでいたんだろうなと真剣に思う」と話した。  イベント終盤には、北村が永野に「今日…あなたに手紙を書いてきました」と明かし、撮影から公開までの想いを告白。「あなたを尊敬している。常にどっしり構えて、いつも変わらない芽郁ちゃんにいろんなことを学んでいる。現場では太陽のようだった」と語りかけ、「カメラマンの柳田さんが泣きながらカメラを回しているのも、監督が泣きながらカットをかけるのも、スタイリストの…」と関係者の名前を挙げ始めると、永野は両手で顔を隠して涙。その後、北村からハンカチを受け取って涙を拭きながら、「(関係者らの)名前を出してくれた時に、皆の顔が急にポンポンポン!と浮かんで…」と漏らした。  さらに、客席が黄色のサイリウムで包まれるサプライズを目の当たりにして永野は「この光景、ずっと忘れないな。今、スゴく温かい気持ち。今日、眠れるかな…という感じ。映画と同じ気持ちをもらえた。幸せな気持ちでいっぱい」と感無量の様子を見せた。そこへ北村が、手紙を差し出して「これ、いる?」と尋ねると「いるいるいる! 額に入れるよ、ありがとう!」と喜びを口にした。

  • 『君は月夜に光り輝く』に出演する永野芽郁

    永野芽郁、激動の1年で「私は私で良かった」と言える自分に

    映画

     映画『君は月夜に光り輝く』で、不治の病を患いながらも前向きに生きようとするヒロイン・渡良瀬まみずを切なくも瑞々しく演じた女優の永野芽郁。昨年4月にスタートしたNHK連続テレビ小説『半分、青い。』、年明け第1弾の衝撃ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ)、そして今春公開の本作と、話題作に立て続けに出演し、女優として激動の1年を走り抜けた永野が、よりポジティブになった自身の成長について、思いを語った。@@cutter 本作は、第23回電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜の同名小説を、『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督が映画化した感動のラブストーリー。死期が近づくにつれて皮膚が光る原因不明の不治の病“発光病”を患う女子高生・まみず(永野)と、彼女が叶えることのできない願いを“代行体験”という形で実現していくクラスメイトの岡田卓也(北村匠海)が、限られた環境と時間の中で精一杯、青春を謳歌(おうか)する姿を描く。 @@insert3  短い人生に未練を残さぬよう代行体験を卓也に託すまみずについて永野は、「体験できないつらさがさらに増すと思うので、ある意味、自分の首を絞めることにもなりかねない行為。それでもやりきるところが、まみずは誰よりも強い女の子だなと思いました。私には絶対マネできない」と目を丸くする。さらに永野は、「まみずは自分の性格も、感情も、生きざまも、全てわかっている。自分よりも周りの人間が幸せになるなら、迷わずその方法を選ぶところもすごいなって。私は自分のことがあまりわかっていないから、まみずの冷静な思考や行動に心から憧れる」と思いを吐露。 @@insert2  ただ1点、まみずと共有できる思いがあるという永野。それは、本作を象徴するキーワード「私は私で良かった」と、自身の人生を肯定する姿勢。もともとネガティブで落ち込みやすいタイプだった永野だが、この激動の1年を通して、かなりポジティブに変わったという。「自信がないときとか、人と比べてしまうときって、自分の劣っている部分ばかりを見てしまうけれど、結局、自分は自分で変えられない。だったら、こんな自分でも、好きだと言ってくれるファンの方や、大事に思ってくれる家族やスタッフがいるんだから、“私は私でいいじゃん”って受け入れた方が、絶対に幸せだなと思う瞬間があって…。そこからは、すごく自分に対して肯定的になれた」と笑顔を見せる。@@separator さらに、人とのコミュニケーションにおいても成長を実感したという永野は、「もともと人見知りをすることなく、誰とでもすぐに仲良くなれるタイプだったのですが、この1年、あっという間に時間が過ぎていく中で、一瞬一瞬に人とコミュニケーションを取るスキルがどんどん高くなっていったように思います。ただ、1つ悩みがあるとすれば、大人の現場に慣れていた分、『3年A組』のように同年代に囲まれると、何を話せばいいのかわからなくなって、逆に緊張しちゃうんですよね(笑)」と意外な一面を見せていた。 @@insert1  将来のヴィジョンは持たない主義。「目標を立ててそれを達成すると、何もしなくなっちゃうタイプなので、目の前にある作品に集中したい」と語る永野。「いただいた役と一生懸命向き合って、とにかく自分なりにがんばっていくだけ」…今年、20歳を迎える永野に迷いはない。(取材・文:サカタマサキ 写真:高橋ゆり)  映画『君は月夜に光り輝く』は3月15日より全国公開。

  • 『君は月夜に光り輝く』公開直前イベントにて

    永野芽郁&北村匠海の“生告白”に、ジャンポケ斉藤「はあい!」

    映画

     女優の永野芽郁、俳優の北村匠海、ジャングルポケットの斉藤慎二が、5日に都内で開催された映画『君は月夜に光り輝く』公開直前イベントに登壇。「ものすごく自分と向き合って、一生懸命、今という時間を生きていて」と自身が演じたヒロインの魅力を語った永野は、物語にちなんで、北村と共に「合格祈願」「一発芸」「告白」を“代行”して会場を盛り上げた。@@cutter 高校生の岡田卓也(北村)が、不治の病で入院中の同級生・渡良瀬まみず(永野)と織りなす純愛を描く本作。病室から出ることができないまみずの頼みで、卓也がさまざまな体験を代行することにちなみ、撮影で最も印象的だった代行を聞かれた北村は「恥ずかしかったのは遊園地に行くことですかね。しかも、変なカチューシャを付けなきゃいけなくて」と回答。「本当に恥ずかしかったんですけど、実際に行けと言われたら、僕はまあ行かないと思います」とも。  これを聞いた永野は、「え、そうなの?」とビックリ。永野は北村が先日一人で観覧車に乗ったと取材で話していたことを明かすと、北村は「街を歩くよりも、一人で座ってゆっくりできるかなと思ったんですけど、いざ並んでみたら、記念写真を撮らなきゃいけなくて」と述懐。「頂上行ったときの、隣の観覧車のカゴに乗ってる家族連れみたいな人には、きっと(北村だと)ばれていたと思います(笑)」と語った。  イベントには、卓也が遊園地で出会うオジサン役の斉藤も途中から登壇。「パンフレットには名前はなかった」と自虐した斉藤は、短い撮影で苦手なジェットコースターに何度も乗ったと述懐。「後ろの子どもに『頑張って』って言われました。頑張りました」と告白して永野と北村を笑わせた。  当日は北村と永野が「合格祈願」「一発芸」「告白」のお題で、代行を実演する一幕も。「告白」では、観客の希望を受けた北村が「頑張ってる君が好きだよ」と告白し、斉藤は持ちギャグの「はあい!」で返答。一方の永野は「君の笑顔が一番かわいい」と告白し、斉藤は可愛いポーズを決めて会場を沸かせていた。  映画『君は月夜に光り輝く』は3月15日より全国公開。

  • 『君は月夜に光り輝く』完成披露舞台挨拶にて

    永野芽郁、北村匠海の“光り輝く”シチュエーションにダメ出し!?

    映画

     女優の永野芽郁が19日、都内で行われた映画『君は月夜に光り輝く』完成披露舞台挨拶に出席。舞台挨拶では作品名にちなみ、キャスト陣が光り輝くエピソードを発表。永野とダブル主演を務めた北村匠海の「磯遊びをしている瞬間の自分が輝いています」との発言から、司会者が永野に磯遊びの話題を振ると「私は磯遊びしなくて大丈夫です」と笑顔で断り会場は笑いに包まれた。@@cutter 本作は第23回電撃小説大賞を受賞した、佐野徹夜の同名小説が原作。死期が近づくにつれて肌が光る原因不明の不治の病“発光病”を患う少女と、彼女が叶えることのできない願いを“代行体験”という形で叶えていく少年の純愛物語。  この日の舞台挨拶には永野と北村のほか、甲斐翔真、松本穂香、今田美桜、優香、生田智子、長谷川京子、及川光博、月川翔監督も登壇した。  不治の病である発光病を患う渡良瀬まみず役を演じる永野は「余命が0だから悲しいっていうヒロインにはしたくなくて、笑って過ごせたり、北村くん演じる岡田卓也くんを好きになっていく過程で自分の命と向き合ったり、自分の心情と戦っている女の子の存在を表現できたらなと思いました。お芝居をしているときは結構苦しかったんですけど、楽しい時間もいっぱいありました」と振り返った。  北村は初共演となる永野の印象について「とにかくすごい方です。芽郁ちゃん演じるまみずがいろいろな感情をさらけ出すので、僕は受け皿になろうと考えていました。でも、僕が受け取るっていう作業をせずとも、芽郁ちゃんがきれいに投げてくれて、受け取った僕がまた投げたものを、芽郁ちゃんが自身にしっかりと溶け込ませてお芝居をしてくれました」と絶賛。  永野は作品名にかけた“〇〇で光り輝く”については「“空気”に光り輝くです。空気がきれいなところに行くとテンションが上がるんですよ。山奥だったり星がきれいなところだったり、こうしてカメラを向けてもらえて舞台挨拶をやったりとかもですね。なかなかない機会は敏感に反応してテンション上がります」と答えた。  映画『君は月夜に光り輝く』は3月15日公開。

  • 今田美桜

    今田美桜のメイド姿&ツインテールがかわいい

    エンタメ

     映画『君は月夜に光り輝く』の公式ツイッターが1日、同作に出演する今田美桜のメイド姿を捉えたショットを公開。ファンから「かわいすぎる」と反響が寄せられている。@@cutter 今田は本作で、北村匠海が演じる主人公・卓也のバイト先の先輩・平林リコを演じる。今回投稿されたのは、そんな今田扮するリコのメイド服ショット。手には小説『君は月夜に光り輝く』を掲げ、にっこりとほほ笑むキュートな1枚だ。  昨年放送されたドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)では、劇中のツインテール姿を真似するファンが続出し、反響を呼んだ今田。  リプライ欄には、「かわいすぎます!」「みおちゃんツインテール安定に可愛い!!」「ツインテール、、かわいすぎる」といったコメントが寄せられたほか、「君月楽しみです」「ますます楽しみになってきた!」と作品に期待を寄せる声もあがった。 引用:https://twitter.com/kimitsuki0315

  • 『君は月夜に光り輝く』の主題歌を担当するSEKAI NO OWARI

    『君は月夜に光り輝く』SEKAI NO OWARIの主題歌入り予告解禁

    映画

     女優の永野芽郁と俳優の北村匠海がダブル主演する映画『君は月夜に光り輝く』の主題歌を、SEKAI NO OWARIが担当することが発表になり、楽曲が流れる予告編が解禁された。@@cutter 本作は、第23回電撃小説大賞(KADOKAWA主催)を受賞した佐野徹夜の同名小説を、『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督が実写化したラブストーリー。死期が近づくにつれて肌が光る原因不明の不治の病“発光病”を患い、病院から出ることが許されない少女と、彼女が叶えることの出来ない願いを“代行体験”という形で叶えていく少年による純愛を美しい映像で描いていく。  このたび、本作の主題歌がSEKAI NO OWARIの『蜜月 ‐for the film‐』に決定。同楽曲は2月27日発売のニューアルバムに収録予定のものを、ミュージシャンの小林武史とともにリアレンジしたもの。映画の幻想的な世界観を一層盛り上げる楽曲に仕上がっている。  公開された予告映像では、主題歌が流れる中、発光病という不治の病を患い入院している余命ゼロのまみず(永野)の“代行”をこなしていく卓也(北村)の姿が映し出される。お互い惹かれあいつつも、確実に迫りくる死と葛藤する2人の姿のほか、死を前にした娘を案じて涙を流すまみずの両親、 “代行”体験を通して卓也が出会っていく人たちなど、キャストの熱演が収められている。  今回の楽曲について永野は「映画の最後に、綺麗な澄んでいる楽曲で更に気持ちを盛り上げてくださって幸せです」とコメント。北村は「既にこの世に存在していた曲と作品の世界観がリンクしていた事にすごい出会いだなと思いました。まるで作品の中での卓也とまみずの出会いのように、作品と楽曲の運命を感じました」と感想を伝えた。  主題歌を手がけたSEKAI NO OWARIは「王道なサウンドの中にも自分達の色がある楽曲に仕上がりました」と語り、「アルバムに収録された『蜜の月』とは一味違うアレンジを気に入って頂けるとうれしく思います」とメッセージを寄せている。  映画『君は月夜に光り輝く』は3月15日より全国公開。

  • 『君は月夜に光り輝く』ポスタービジュアル

    永野芽郁×北村匠海で贈る純愛『君は月夜に光り輝く』特報&ポスター解禁

    映画

     女優の永野芽郁と俳優の北村匠海がダブル主演を務める映画『君は月夜に光り輝く』のポスタービジュアルと特報が解禁された。特報では、病院から出られないまみず(永野)に代わってさまざまな代行体験をする卓也(北村)の報告を通じ、心を通わせ合っていく2人の様子が描かれ、はかなくも美しい笑顔を見せるまみずと、彼女を見つめて一粒の涙を流す卓也の姿が印象的な映像に仕上がっている。@@cutter 本作は、第23回電撃小説大賞(KADOKAWA主催)を受賞した佐野徹夜の同名小説を、『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督が実写化する青春純愛映画。  高校生の岡田卓也はクラスの寄せ書きを届けるため行った病院で、入院中の同級生・渡良瀬まみずと出会う。明るく振る舞う彼女が患う病気は“不治の病・発光病”。細胞異常により皮膚が発光し、その光は死が近づくにつれて強くなるという。そして、成人するまで生存した者はいない。卓也は病院から出ることを許されないまみずの“叶えられない願い”を代わりに実行し、その感想を伝える「代行体験」を行うことに。代行体験を重ねるごとに、まみずは人生の楽しみを覚え、卓也は彼女に引かれていく。しかしその反面、迫りくる死の恐怖が2人を襲い、そして卓也に隠された“ある過去”を呼び起こさせる。  特報は、まみずが卓也に「私がしたいことを代行してほしいの」とお願いする場面から始まる。遊園地でジェットコースターに乗ったり、カフェで巨大ないちごパフェを注文したりと、さまざまな場所を訪れては代行体験を重ねる卓也。その報告を病室で聞くまみずが「それから?」と先を促したり、「最高だよ」と喜んだりする様子が映し出される。しかし、最後に表示される「彼女はもういない―」というテロップが、物語の悲しい展開を予感させる。  ポスターは「あなたのせいで、生きたくてしょうがない」というコピーとともに、大きな満月の前で手を取り合う笑顔のまみずと卓也の姿が写された1枚となっている。2人の息をぴったりと合わせないと撮れないポーズだが、永野と北村が互いに「せーの」と声を掛け合うなど明るくなごやかな雰囲気の中で撮影されたという。  映画『君は月夜に光り輝く』は2019年3月15日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access