クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

マチネの終わりに 関連記事

  • (左から)『マチネの終わりに』公開記念舞台挨拶に登場した石田ゆり子、福山雅治

    石田ゆり子、クラシックギターに目覚める 福山雅治も「初耳!」

    映画

     歌手で俳優の福山雅治と女優の石田ゆり子が13日、映画『マチネの終わりに』公開記念舞台挨拶に西谷弘監督とともに出席。石田がクラシックギターを購入したことを明かし、周囲を驚かせた。@@cutter 本作は、芥川賞作家・平野啓一郎の同名小説を原作とする大人の恋愛ストーリー。東京・パリ・ニューヨークを舞台に、天才クラシックギタリストの蒔野聡史(福山)やパリ在住ジャーナリストの小峰洋子(石田)を中心に、細やかな心情の変化を描く。  同作の反響について福山は「もう1回観たいですという感想が多いですね。『もう1回観てね』と言ってるんですけど(笑)」とコメント。石田は「さまざまな感想をいただきますが、40代50代の男性が『すごく泣きました』とか『昔のことを思い出しました』とか言ってくれます」と話した。  また石田は、パリの撮影スタッフがとても愛情深い人物だったと振り返り、「投げキスとかしてくれるんですよ。抱きしめてくれたり」と説明。司会から「日本ではありえないことですね」と感想があがると、福山は「石田さんを突然抱きしめたらその人クビですよ。出禁ですよね」と笑った。  福山と石田は、劇中のクラシックギターに大いに魅せられた様子で、福山は「1年半くらいの間に4本買いましたからね。ステージで使っているのも入れたら6本ですね」と告白。「『そんなにお金持ってんの』みたいに思われるのも」と苦笑しつつ、「爪も伸ばすようになり、撮影は終わってるんですけど、今も伸ばしてるんですよ。伸びた爪も僕にとって出会いですね。自分の爪もひとつの楽器」と感慨深げだった。  一方の石田も「すごくハマってしまって、本当に好きなんですよ。このサウンドトラックも1日中聴いていて」とクラシックギターの音色を気に入っているそう。続けてためらいがちに「言っていいのかな。実は私もギターを買いまして」と明かすと、会場には驚きの声が。  福山も「初耳!」と驚くなか、石田は「聴いている内に頭がおかしくなってきて、出来る気がして(笑)。この年から出来るならやってみようと思って」と吐露。「もし上手になったらなにか一緒に」と福山とともに演奏する機会を熱望していた。

  • 映画『マチネの終わりに』メインビジュアル

    斎藤工&リリー・フランキーらが『マチネの終わりに』へ想いを寄せる…コメント到着

    映画

     現在公開中の福山雅治主演、石田ゆり子共演の映画『マチネの終わりに』より、本作を鑑賞した斎藤工、リリー・フランキーら著名人の想いのこもったコメントが到着した。@@cutter 本作は、芥川賞作家の平野啓一郎が2016年に刊行し、50万部を突破した同名小説を映画化したラブストーリー。日本・パリ・ニューヨークを舞台に、クラシック・ギタリストと海外通信社所属の女性ジャーナリストが織りなす切なくも美しい恋をつづっていく。  出演は福山、石田のほか、伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行らが脇を固める。監督は映画『容疑者Xの献身』『真夏の方程式』『昼顔』の西谷弘、脚本は『昼顔』の井上由美子。  この度本作への想いあふれるコメントを寄せたのは、西谷監督の映画『昼顔』(2017)に出演し、福山がレギュラー出演するラジオ番組「地底人ラジオ」にもゲスト出演したことがある斎藤工や、映画『そして父になる』『SCOOP!』などで福山と共演し、公私ともに親交のあるリリー・フランキー。さらに、タレントのYOU、国際政治学者の三浦瑠麗、日本文学研究者のロバート キャンベルから珠玉のメッセージが届いた。 コメント一覧 ■斎藤工(俳優・映画監督) フィルムで丁寧に切り撮られた 息を呑むほど美しい瞬間が連続していて 呼吸が整った まるで美術空間の中に浸っている様な感覚 人間社会の表層的なモノの奥にある脆さ故の美しさやビターな温もり この作品を観た後の自分は 少し大人の階段を登っている ■リリー・フランキー(俳優) 人が百年生きるのだとしたら、妥協と惰性で 生きる百年は、ただ、ただ長い。 「想い」を抱き、ロマンチストと笑われようとも 思い続ける人生は、百年が一瞬に瞬き、 きらめく。 これほど美しく、その瞬間を切り取った 映画は他にはない。 ■YOU(タレント) 生かされていると 感じられることや この人だと 想えることが 日常の暮らしにあることで 昨日より 優しく強くなれる気がしました ■三浦瑠麗(国際政治学者) 私たちは何が欲しくて生きていくのだろう。 相手に求めるものは理解か、献身か、それとも自分を強く求めてくれること、そのものなのか。 この愛は、生きること、「私」を取り戻すこと。 マチネの終わりにヒロインが見せる笑顔に泣きたくなるほどすべてがつまっている。 ■ロバート キャンベル(日本文学研究者) 人生半ばにして揺らぎだす自信も、歳月の上に爪先立つ欲望も、繊細に美しく描き出されている。 影が差す静かでもどかしい佇まいの石田ゆり子扮する小峰洋子から、一瞬も目が離せなかった。 時間が止まったようで、見終わった今でも音楽が甘く切なく流れ続けている。  映画『マチネの終わりに』は公開中。

  • (左から)『マチネの終わりに』初日舞台挨拶に登場した福山雅治、石田ゆり子

    福山雅治、ギターシーンの代役検討「ギリギリまで不安でした」

    映画

     ミュージシャンで俳優の福山雅治が1日、都内で主演映画『マチネの終わりに』の初日舞台挨拶に登壇。共演した石田ゆり子らと軽快にトークを展開し、クラシックギターの演奏シーンにまつわる裏話を明かした。@@cutter 本作は、芥川賞作家・平野啓一郎の同名小説を原作とする大人の恋愛ストーリー。東京・パリ・ニューヨークを舞台に、天才クラシックギタリストの蒔野聡史(福山)やパリ在住ジャーナリストの小峰洋子(石田)を中心に、細やかな心情の変化を描く。  本イベントには福山や石田のほか、伊勢谷友介、桜井ユキ、西谷弘監督が出席した。  福山は、初挑戦のクラシックギターに関して「とても奥深い世界。僕が普段やっているポップスやロックとは全く違う。同じ楽器だけど、正直ゼロからのスタートだった。最後、撮影に入るギリギリまで不安でした。監督に『もしかしたらこれ、ダメかもしれない、上手くいかないかもしれない。僕の手に似たプロのギタリストの方を用意しておいて頂いてもよろしいでしょうか』とお願いしました」と告白した。  「そう言われたので用意はしていた」西谷監督は、台本に代役の可能性を記載。すると「うちの助監督が、福山さんに『全部自分でやるんだ!』と逆に怒られたと言っていました」と暴露。矛盾行動が判明して福山は「『吹き替え(代役)の可能性あり』とか書かれると『何、書いてんの?』みたいになった。『なんかオレが弱音吐いている人みたいじゃない』と言って、逆に頑張りましたね」と明かした。  西谷監督は、20年近く仕事する福山の魅力にも言及。「イベントでご一緒して、(福山の魅力は)すごくシンプルだと思った。この人と一緒にいると楽しいんだと。それが全ての魅力なのかな」と話すと、福山は「嬉しい~ね~。もうなんか…監督が死んだら、僕も死にます」と相思相愛ぶりをアピール。観客の笑いと拍手を誘った。  原作ファンだという石田は、自身の役について「女性として理想的で、ほぼ欠点のない方」と評価。フランス語の長ゼリフのシーンは「まずフランス語を覚えて一気に撮ってもらった。最初から最後までを何回も撮っています。日本語じゃないので『途中まで』とかできない。流れで覚えてしまっているので一気しかなくて」と説明した。  登壇者らは、タイトルの「マ」「チ」「ネ」を用いてあいうえお作文にもチャレンジ。作品にちなんだ作文などを展開し、会場を大いに盛り上げた。

  • (左から)『マチネの終わりに』完成披露試写会に登場した石田ゆり子、福山雅治、伊勢谷友介

    福山雅治、“同い年”石田ゆり子との25年ぶり共演は「運命」

    映画

     歌手・俳優の福山雅治と女優の石田ゆり子が7日、都内で開催された映画『マチネの終わりに』完成披露試写会に出席した。福山は、同い年で本作で25年ぶりの共演を果たした石田について「運命の共演ですよ」と言い、これを受けた石田は照れ笑いを見せた。@@cutter 本作は、平野啓一郎による同名小説を映像化。クラシック・ギタリストの蒔野聡史(福山)と、通信社勤務の小峰洋子(石田)が織りなす恋愛模様を描く。この日は、共演した伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、板谷由夏、古谷一行、そして西谷弘監督も出席した。  福山と石田は、映画では今回が初共演。石田は「同じ年なんですよ」と言い、会場が驚きの反応を示すと、福山は「え?ってどういうこと?」とツッコミ。学年は福山が一つ上だそうで、石田は「同い年なんです。25年前にとあるコマーシャルでご一緒して以来、一度もドラマでも映画でもお会いしたことがなく。この作品で、福山雅治さんと一緒になることになってたんだなと。感無量でございました」としみじみ。  これを受けた福山は「運命の共演ですよ」と白い歯を見せ、原作のファンである石田が、映画化の企画化以前に原作を読んでいたことを紹介。「石田さんがもう既に読まれているという状態で、僕もこの原作を映像化しませんか?というような話がありますと聞いたので、僕の中では最初から、洋子っていう存在は、石田さんをイメージしてずっと読んでいた」と振り返り「『早く洋子に会いたい』と。『おお、洋子』という思いで初日を迎えました(笑)」と続け、石田は「本当にありがたい話で」と照れ笑いを見せた。  その後、映画の内容にちなんで運命に対する考え方を聞かれた石田は「この映画の中にいる蒔野さんと洋子さんみたいな運命の出会いがあるといいなと思っています」と言うも、恥ずかしくなったのか「何を言っているんだろうと思って」と自虐。「運命ばかりは予測ができませんから、前向きに生きていきたいと思います」とも。同じ質問を受けた福山は「バンドがやりたくて東京に出てきた」としたうえで「この場に立つということは、全く想像もしていなかったことですから。運命というものは、そういうものなんだろうなと思います。想像していなかったうれしいハプニングが起こるのが運命なんだなと思っています」と考えを明かしていた。  映画『マチネの終わりに』は11月1日公開。

  • 映画『マチネの終わりに』場面写真

    福山雅治×石田ゆり子、揺れ動く大人の愛 『マチネの終わりに』予告解禁

    映画

     歌手で俳優の福山雅治が主演を務め、女優の石田ゆり子と共演する映画『マチネの終わりに』より、予告映像が解禁。東京・パリ・ニューヨークの美しい風景の中、福山と石田が運命に翻弄されながら愛し合う大人のカップルを演じる姿が情緒あふれる映像で収められている。@@cutter 本作は、芥川賞作家の平野啓一郎が2016年に刊行し、純文学としては異例の17万部を突破した同名小説を映画化したラブストーリー。日本・パリ・ニューヨークを舞台に、クラシック・ギタリストと海外通信社所属の女性ジャーナリストが織りなす切なくも美しい恋をつづっていく。福山、石田のほか、伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行らが脇を固める。監督は映画『容疑者Xの献身』『真夏の方程式』『昼顔』の西谷弘、脚本は『昼顔』の井上由美子。  世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史(福山)は、公演の後、パリの通信社に勤務するジャーナリスト・小峰洋子(石田)に出会う。ともに40代という2人。出会った瞬間から、強く惹かれ合い、心を通わせたが、洋子には婚約者がいることを知る。それでも高まる想いを抑えきれない蒔野は、洋子への愛を告げるのだが、それぞれをとりまく現実に向き合う中で、蒔野と洋子の間に思わぬ障害が生じ、2人の想いは決定的にすれ違ってしまう。  予告映像は、クラシックギターの音色と共に、天才ギタリストの蒔野が、現状の演奏に満足が出来ずスランプに陥っている姿からスタート。次いで、蒔野がジャーナリストの洋子と出逢い恋に落ち、東京とパリという長い距離と障害を超えながらも心を通わせる姿が描かれる。「もし洋子さんが地球のどこかで死んだって聞いたら、僕も死ぬよ」と語りかけ、洋子から「私、結婚するの」と言われても「だから、止めにきた」と洋子への熱い想いをあふれさせる蒔野。  しかし後半では、蒔野が空港で誰かを探す場面や洋子が雨の中で待つシーン、2人の涙のシーンなど運命に翻弄されすれ違う2人の姿が展開。最後は苦しい表情を見せる洋子や、蒔野の後ろ姿を捉えた映像で幕を閉じる。果たして、2人の愛の行方はどうなるのか。作曲家・菅野祐悟が手掛けた映画オリジナル楽曲「幸福の硬貨」の叙情的なメロディも印象的な、情緒あふれる予告編となっている。  映画『マチネの終わりに』は11月1日より全国公開。

  • 映画『マチネの終わりに』石田ゆり子と福山雅治2ショット

    福山雅治&石田ゆり子が惹かれあい、涙『マチネの終わりに』特報解禁

    映画

     歌手で俳優の福山雅治が主演を務め、女優の石田ゆり子と共演する映画『マチネの終わりに』より、特報映像が解禁。併せて、2人を映した2ショット画像も初解禁された。@@cutter 本作は、芥川賞作家の平野啓一郎が2016年に刊行し、純文学としては異例の17万部を突破した同名小説を映画化したラブストーリー。日本・パリ・ニューヨークを舞台に、クラシック・ギタリストと海外通信社所属の女性ジャーナリストが織りなす切なくも美しい恋をつづっていく。福山、石田のほか、伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行らが脇を固める。監督は『容疑者Xの献身』『真夏の方程式』『昼顔』の西谷弘。  世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史(福山)は、公演の後、パリの通信社に勤務するジャーナリスト・小峰洋子(石田)に出会う。ともに40代という2人。出会った瞬間から、強く惹かれ合い、心を通わせたが、洋子には婚約者がいることを知る。それでも高まる想いを抑えきれない蒔野は、洋子への愛を告げるのだが、それぞれをとりまく現実に向き合う中で、蒔野と洋子の間に思わぬ障害が生じ、2人の想いは決定的にすれ違ってしまう。  特報映像は、福山自身が演奏する映画メインテーマ「幸福の硬貨」のクラシックギターの美しい調べにのせ、福山演じる蒔野からの告白と、その言葉に戸惑う石田演じる洋子の姿が、ニューヨーク・パリ・東京の美しい街並みと共に映し出される。後半では、洋子の身に何かが起き、緊迫したシーンが展開。そして、街中で号泣する洋子の姿と、涙をこぼす蒔野が描かれ、2人の愛の結末が気になる内容となっている。  本作は情緒ある物語の世界観に合わせ、フィルムカメラで全編を撮影。6年という歳月の中で、変わりゆく二人の想いや季節の移り変わりを色鮮やかに美しく収めている。  映画『マチネの終わりに』は11月1日より全国公開。

  • 映画『マチネの終わりに』クラシックギターに初挑戦の福山雅治

    福山雅治、クラシックギターに初挑戦! 『マチネの終わりに』メインテーマを奏でる

    映画

     歌手で俳優の福山雅治が主演を務め、女優の石田ゆり子と共演する映画『マチネの終わりに』のメインテーマが、福山自身がクラシックギターで奏でる楽曲「幸福の硬貨」に決定。福山にとってクラシックギター初挑戦となる。@@cutter 本作は、芥川賞作家の平野啓一郎が2016年に刊行し、純文学としては異例の17万部を突破した同名小説を映画化したラブストーリー。日本・パリ・ニューヨークを舞台に、クラシック・ギタリストと海外通信社所属の女性ジャーナリストが織りなす切なくも美しい恋をつづっていく。  メインテーマとなる「幸福の硬貨」は、主人公・蒔野とヒロイン・洋子の2人の運命を強く結びつける重要な劇中曲。物語では、蒔野がギターを好きになるきっかけとなる曲であり、20年前に行われたデビューコンサートで蒔野自身が演奏。さらに、洋子はそのデビューコンサートを偶然鑑賞していたという、2人の“出会い”の曲だ。  作曲は、『昼顔』や『アマルフィ 女神の報酬』など、数々の映画音楽を手掛けてきた菅野祐悟。本作のために書き下ろしたクラシックギターのオリジナル楽曲となる。  天才クラシックギタリスト役を演じる福山だが、クラシックギターの演奏は今回が人生初。本作でクラシックギター監修を務める福田進一からのアドバイスを受け、本番までの約3ヵ月間、練習に励んだという福山は「アコースティックギターやエレキギターとは全然違うもので、大変勉強になりました。福田さんのアドバイスの元、クラシックギターの弾き方、押え方を学べたことで、自分の音楽にフィードバックするものがたくさんありました」と振り返る。  既に「『クラシックギターでの弾き語り』という演奏スタイルも、さっそくライブに取り入れさせていただいております」と、アーティスト“福山雅治”に影響を与えているようで、「これからの音楽人生でクラシックギターを演奏する時、蒔野聡史というギタリストはずっと自分と共にいて、同時に、競うべきライバルになってゆくのだと思います」と語っている。  監修の福田は、「理想の天才クラシックギタリスト蒔野聡史が誕生したと思います。 この映画で最も重要な音楽は菅野祐悟さん作曲の『幸福の硬貨』です。この哀しさと切なさの中にも、凛とした清々しさを感じさせる旋律を福山さんは見事に演奏されています。その音色は実に暖かく人間味に溢れており、やはり福山さんは根っからの音楽家なのだな…と感心させられました」と称賛を贈っている。  映画『マチネの終わりに』は11月1日より全国公開。

  • 映画『マチネの終わりに』発表された新キャスト

    福山雅治×石田ゆり子『マチネの終わりに』、伊勢谷友介&桜井ユキ&木南晴夏ら出演

    映画

     歌手で俳優の福山雅治が主演を務め、女優の石田ゆり子が共演する映画『マチネの終わりに』より、追加キャストとして、俳優の伊勢谷友介、女優の桜井ユキ、木南晴夏らが出演することが発表された。@@cutter 本作は、芥川賞作家の平野啓一郎が2016年に刊行し、純文学としては異例の17万部を突破した同名小説を映画化したラブストーリー。日本・パリ・ニューヨークを舞台に、クラシック・ギタリストと海外通信社所属の女性ジャーナリストが織りなす、切なくも美しい恋をつづっていく。  伊勢谷が演じるのは、石田扮するパリの通信社勤務のジャーナリスト・小峰洋子の婚約者でニューヨークに住む経済学者・リチャード新藤。ニューヨーク在住の日系人を演じることについて伊勢谷は「英語を話さないといけない役ということもあり、撮影当初は少し緊張と不安があったのですが、監督やスタッフの方々の周到な準備と石田さんのやわらかい空気感に包まれて居心地良く撮影に臨めました」とコメント。  福山演じる世界的クラシック・ギタリスト、蒔野聡史のマネージャー・三谷早苗を演じる桜井ユキは、主演の福山について「フラットな中で、すごく芯のしっかりある方というのが第一印象だったのですが、その福山さんの魅力に、演じる蒔野の魅力である“甘さ”と“ゆるさ”をまとわせていて、早苗を通して、すごく好きになりました(笑)」と明かす。  木南は、蒔野の師匠・祖父江誠一の娘・中村奏を担当する。赤ん坊と一緒のシーンが多かったといい、「泣いてしまって可哀そうな日もありましたが、コミュニケーションを取りつつ、頑張って一緒に撮影を乗り切りました」と振り返り、原作を「“大人のラブストーリー”という印象」と語ると「今作も、しっとりと色気を感じるような作品になるのではないかと思います」と期待を込めた。  このほか、洋子の母で、世界的に有名な映画監督の元妻・小峰信子役に風吹ジュン、蒔野のレコード会社の社員で、友人である洋子を蒔野のコンサートへ誘う是永慶子役に板谷由夏、蒔野が十代の頃からその才能を高く評価してきた師匠・祖父江誠一役を古谷一行と、実力派キャストが脇を固める。  公開されたポスタービジュアルは、福山演じる蒔野と石田扮する洋子の情感豊かな表情を切り取ったものとなっている。  映画『マチネの終わりに』は11月1日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access