クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

his 関連記事

  • 映画『his』ポスタービジュアル

    宮沢氷魚の“キス待ち”の瞬間!『his』切ない“おでこコツン”撮影秘話公開

    映画

     俳優の宮沢氷魚が映画初主演を務め、主人公の恋人役で俳優の藤原季節が出演する映画『his』より、今泉力哉監督が明かす、“おでこコツン”シーンの撮影秘話が公開された。@@cutter 映画『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』の今泉力哉監督が初めて男性同士の恋愛という題材に取り組んだ本作。ドラマ『偽装不倫』(日本テレビ)に出演した宮沢が、周囲にゲイだと知られることを恐れ、東京からひとり田舎にやってきた主人公・井川迅に扮し、迅の忘れられない元恋人・日比野渚役を藤原が演じる。そのほか、渚の妻・玲奈役を松本若菜が、迅に恋する美里役を松本穂香が務める。  予告編やポスタービジュアルでも象徴的に使用されているのが、宮沢と藤原が向かい合い”おでこコツン”するカット。今泉監督は、切なさが最高潮に高まるこのシーンについて、「この<おでこをくっつける>という動きは、もともと脚本にはありませんでした。私が撮影現場で思いつき、氷魚さんにはあえて何も伝えず、季節さんにだけ”静かに近づいていっておでこをくっつけてほしい”と伝えました」と明かす。  続けて監督は、「つまり、本番撮影時、氷魚さんは相手がどう動くか一切知らないまま演じていたので、季節さんが近づいてきたとき、もしかしたらキスされるのでは?と考えて演じることになる。そうした緊張感と心のざわめきを狙ったシーンになります。実際、カットをかけた後、氷魚さんに聞いたらキスされると思った、と話していました。狙い通りです(笑)」とコメント。もちろん、この演出方法なので何度も撮り直すことはなく、少ないテイクでOKが出たとのことだった。  一方、「自由に演技させてもらった」と振り返る宮沢は、「だから僕らも悩みましたが、監督が一番悩んでいたと思います」と語る。その理由については、監督がキャストと一緒に出来る限り悩み、共に生み出していくスタイルを採用しているからだという。それを示すかのように、今泉監督は、“役者が演じることに慣れてしまうこと”、“役を掴んで理解し過ぎてしまうこと”を怖れていたと語っている。  そして藤原は、「人を好きになるっていう気持ちに答えはないんだなって、今泉さんと一緒に作品を作って思いました。答えがないところに向かうときは、めちゃくちゃ苦しいですが、そういう答えのないものを撮ろうとするのが“今泉映画”の真髄なんだなと思いました」とコメントした。  映画『his』は2020年1月24日より全国公開。

  • 映画『his』メインカット

    宮沢氷魚、初恋の彼を抱きしめ秘めた想いを告白 映画『his』予告編解禁

    映画

     俳優の宮沢氷魚が映画初主演を務め、主人公の恋人役で俳優の藤原季節が出演する映画『his』より、予告編が解禁。宮沢演じる主人公が「お前と生きていきたい」などあふれる想いを語る姿を収めている。@@cutter 映画『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』の今泉力哉監督が初めて男性同士の恋愛という題材に取り組んだ本作。ドラマ『偽装不倫』(日本テレビ)に出演した宮沢が、周囲にゲイだと知られることを恐れ、東京からひとり田舎にやってきた主人公・井川迅に扮し、迅の忘れられない元恋人・日比野渚役を藤原が演じる。そのほか、渚の妻・玲奈役を松本若菜が、迅に恋する美里役を松本穂香が務める。  ひっそりと1人で田舎暮らしを送っていたゲイの井川迅(宮沢)の元に、6歳の娘・空を連れて、元恋人の日比野渚(藤原)が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も3人を受け入れていく。ある日、渚の妻で離婚調停中の玲奈が空を東京に連れ戻してしまう。迅は「渚と空ちゃんと3人で一緒に生きていたい」と気持ちを伝えるが、離婚調停が進んでいく中で、裁判や玲奈の弁護士から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく―。  今回解禁された予告編は、迅が渚から突然別れを告げられるシーンからスタート。時は流れ、ゲイであることを隠し一人田舎で生活をする迅の元に、ある日、娘を連れた渚が現れる。戸惑いつつも、忘れられずにいた初恋の彼との再会を機に、渚への想いを募らせていく迅。「オレはやっと渚のことを忘れて生きていこうとしてたのに。だったら、なんであの時一緒にいてくれなかったんだよ」と責める迅に対し、「やっと分かったんだ。オレが求めてたのは、迅だった」と答える渚。  しかしある日、渚の妻である玲奈が娘を強引に連れて帰ってしまい、3人での平凡で幸せな日々は突如終わりを迎える。悲しみに暮れる渚を見た迅は「お前と空ちゃんと3人で生きていきたい」と告げ、渚の娘の親権を獲得しようと決意。だが、裁判に臨む迅と渚は法廷で、「ゲイのカップルに育てられると、この先どんな苦労が待ち受けているか」と相手の弁護士から厳しく尋問され、社会の偏見を目の当たりに。最後は「もう、自分にウソをつかないと決めた。これが、僕たちの物語」という迅の決意のセリフで幕を閉じる。  果たして、「好きだけではどうしようもない」現実を突き付けられた2人が選ぶ生き方とは。同性の2人が子供を持ち、家族として世間とどう向き合っていくのか。“恋愛のその先”までを描いた今泉監督の新境地を垣間見せる予告編となっている。  映画『his』は2020年1月24日より全国公開。

  • 映画『his』ポスタービジュアル

    宮沢氷魚と藤原季節が“おでこコツン” 『his』ポスター&新場面写真解禁

    映画

     俳優の宮沢氷魚が映画初主演を務め、主人公の恋人役で俳優の藤原季節が出演する映画『his』より、ポスタービジュアルと新たな場面写真が解禁された。@@cutter 映画『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』の今泉力哉監督が初めて男性同士の恋愛という題材に取り組んだ本作。ドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)に出演した宮沢が、周囲にゲイだと知られることを恐れ、東京からひとり田舎にやってきた主人公・井川迅に扮し、迅の忘れられない元恋人・日比野渚役を藤原が演じる。そのほか、渚の妻・玲奈役を松本若菜が、迅に恋する美里役を松本穂香が務める。  ひっそりと1人で田舎暮らしを送っていたゲイの井川迅の元に、6歳の娘・空を連れて、元恋人の日比野渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も3人を受け入れていく。ある日、渚の妻で離婚調停中の玲奈が空を東京に連れ戻してしまう。迅は「渚と空ちゃんと3人で一緒に生きていたい」と気持ちを伝えるが、離婚調停が進んでいく中で、裁判や玲奈の弁護士から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく―。  公開されたポスタービジュアルは、目を閉じお互いの額をそっと合わせている“おでこコツン”の切なく美しいシーンを切り取ったもの。そこに「好きだけではどうしようもない」というコピーが添えられており、それでも2人で生きていこうという強い決意を感じさせるビジュアルに仕上がった。  併せて解禁となった場面写真では、渚と娘・空との生活が始まることに戸惑いと嬉しさを垣間見せる迅や、仲むつまじい渚父娘の姿などが捉えられている。  映画『his』は2020年1月24日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access