闇の子供たち

“衝撃“と呼ぶにはあまりにも重い真実

【解説/みどころ】
『血と骨』で知られる作家・梁石日の問題作を、重厚な作品群で高い評価を受けてきた阪本順治監督が映画化。タイを舞台に、金で幼児たちの命や臓器が売買されているという現実に立ち向かっていく日本人の物語が描かれる。江口洋介、妻夫木聡ら日本人キャストが、積み重なっていく過酷な現実の中でもがき続ける登場人物たちを果敢に演じている。


【ストーリー】
新聞記者の南部は、日本人の子供がタイで臓器移植手術を受けるとの情報を入手し、現地へと飛ぶ。そこで彼は取材を重ねた結果、提供者の子供たちが、生きたまま臓器をえぐり取られているという衝撃の事実を知り……

キャスト
江口洋介宮崎あおい妻夫木聡佐藤浩市鈴木砂羽豊原功補プラパドン・スワンバーンプライマー・ラッチャタ
スタッフ
監督: 阪本順治 脚本: 阪本順治 製作総指揮: 遠谷信幸 原作: 梁石日
上映時間・制作年
138分/2008年
制作国
日本
映倫区分
PG-12
公式サイト
http://www.yami-kodomo.jp/
配給
ゴー・シネマ

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access