CUT

世界の映画人が日本で撮影する意欲作

【解説/みどころ】
カンヌ、ベネチアなど世界の映画祭で高い評価を受けているイラン出身の名匠アミール・ナデリ監督が、西島秀俊、常盤貴子、菅田俊ら日本人俳優を迎えて日本で撮影した意欲作。成功することなく兄から借金ばかり続けてきた映画監督が兄の死後、借金返済のために“殴られ屋“を始めるが……。映画監督の青山真治がナデリ監督と共同脚本を務めている。


【ストーリー】
映画監督の秀二は映画への飽くなき情熱を持ち、映画を撮り続けるも商業的成功を収められずにいた。そんなある日、兄が借金のトラブルで死去したことを知る。そして、それが自分の映画制作資金調達のためであったと知った秀二は、自責の念からヤクザを相手に殴られ屋をして借金返済することを決意する。

キャスト
西島秀俊常盤貴子菅田俊でんでん鈴木卓爾笹野高史
スタッフ
監督: アミール・ナデリ 脚本: アミール・ナデリ アボウ・ファルマン 青山真治 田澤裕一
原題
CUT
上映時間・制作年
132分/2011年
制作国
日本
公式サイト
http://bitters.co.jp/cut/
配給
ビターズ・エンド

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access