クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

鳥取県米子市発・名物「ドライカレー」のオンライン販売が好調 あの〝ヒゲダン〟思い出の味としても注目

エンタメ

  • twitter
  • facebook
記事提供:ZipangWEB

創業54年・鳥取県米子市のとり料理専門「さんぽう」の名物メニュー「ドライカレー」がオンライン販売され、注目を浴びています。








卵と絡めてよく炒められたご飯の上にスパイシーなドライカレーがたっぷり乗った名物のドライカレー。実食した土江リポーターも「最初は少しピリッとするんですが、そのあと野菜の甘みがじわっと出てきて、このパラパラのご飯と絡まって最高です」と絶賛した。







新型コロナの影響で売り上げが激減した「さんぽう」は、2021年10月にドライカレーのオンライン販売を開始。「さんぽう」の大ファンだという鳥取県米子市出身のプロドラマー・横田誓哉さんのツイートをきっかけに全国から注文が舞い込み始めた。横田さんは、「ゆず」など多くのアーティストのレコーディングでドラムを担当している。







横田さんは、同じ吹奏楽部に所属していた「Official髭男dism」のボーカル藤原聡さんと高校時代に一緒に来店していたそうで、「(藤原さんとは)今もよく会いますが、さんぽうさんの味もう1回食べたいねっていうことを話しています」と貴重なエピソードを語った。







「さんぽう」の店主・洋谷 純さんは「お客さんから、県外にいる息子さんやご家族にドライカレーを送ってやりたいけど何か良い方法ない?って聞かれたんです。オンラインでやろうよと、娘とか姪とかが仕掛けてくれました」と、オンライン販売に踏み切った理由を教えてくれた。






横田さんのSNSの効果もあり今は県外からも注文が入るほか、地元からは一度に180人前の注文が入ることもあったとのこと。コロナ禍でも名物のドライカレーが、全国のファンの舌をうならせています。



【関連リンク】
・テレポート山陰ちゃんねる [https://www.youtube.com/channel/UC9J9Zv8m2nsOpiGk7FITvRw]
・BSS山陰放送公式ページ [https://www.bss.jp/]
・テレポート山陰 Twitter  [https://twitter.com/BSS_minna]
・テレポート山陰キャスター Instagram  [https://www.instagram.com/bss_teleport_caster/?hl=ja]
・BSS山陰放送 ラッテちゃんTwitter [https://twitter.com/ratte_chan]

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv