クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ウィル・スミスの平手打ち事件後初、妻ジェイダ・ピンケット・スミスがコメント

セレブ&ゴシップ

  • twitter
  • facebook
ウィル・スミスの平手打ち事件後初、妻ジェイダ・ピンケット・スミスがコメント
ウィル・スミスの平手打ち事件後初、妻ジェイダ・ピンケット・スミスがコメント(C)AFLO

関連 :

ジェイダ・ピンケット=スミス

ウィル・スミス

 第94回アカデミー賞授賞式にて、妻をジョークにされたウィル・スミスが激高し、プレゼンターのクリス・ロックを平手打ちした事件。渦中のウィルの妻ジェイダ・ピンケット・スミスは沈黙を貫いていたが、ついにコメントを発表した。

【写真】ジェイダが投稿したコメント画像

 日本時間3月28日に開催されたアカデミー賞授賞式。長編ドキュメンタリー部門のプレゼンターとして登壇したクリスが、脱毛症に悩むジェイダのヘアスタイルを、映画『G.I.ジェーン』の坊主頭の主人公になぞらえてジョークにした。するとそれを聞いていたウィルは、立ち上がって舞台上に歩いて行き、クリスに強烈なビンタをお見舞い。さらに席に戻るとFワードを交えて「妻の名前を出すな!」と2度叫び、会場は一時騒然となった。

 生放送中に起こった事件だけに、世界中から大注目を集める中、これまで沈黙を貫いていたジェイダが、ついにコメントを発表した。

 ジェイダは自身のインスタグラムにメッセージが書かれた画像を投稿。ピンクベージュのバックにシンプルな文字で「今は癒しの季節。私はそのためにここにいるのです」と簡潔に書かれている。

 なお当事者のウィルは、一夜明けた昨日、インスタグラムにてクリスに対する公開謝罪文を発表している。「暴力はどんなものであれ、有毒で破壊をもたらすものです。昨夜のアカデミー賞での私の行いは、許されるものではく、正当化できるものではありません。ジョークにさらされるのは、私の仕事の一部です。しかしジェイダの病気についてジョークにされるのは耐えがたく感情的になってしまいました」とコメント。

 続けて、「クリスに正式に謝罪したいと思います。一線を越えてしまいました。間違いでした。自分を恥じます。私の行動は自分の理想像とは異なるものです。愛と思いやりの世界に、暴力の入る余地はありません」とし、関係者と視聴者、そして映画『ドリームプラン』の元となったウィリアムズ家に謝罪した。

引用:「ジェイダ・ピンケット・スミス」インスタグラム(@jadapinkettsmith)
   「ウィル・スミス」インスタグラム(@jadapinkettsmith)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv