クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『カムカムエヴリバディ』“算太”濱田岳が圧巻ダンス 「算太に泣かされた」「涙腺崩壊」

ドラマ

  • twitter
  • facebook
連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第94回より
連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第94回より(C)NHK

 連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK総合/毎週月曜〜土曜8時ほか)の第20週「1993-1994」(第94回)が15日に放送され、年老いた算太(濱田岳)が圧巻のダンスを披露。ネット上には「朝から号泣させないでぇ…」「凄すぎるよ!!」といった反響が集まった。

【写真】明日の『カムカムエヴリバディ』場面カット 算太(濱田岳)の病気が発覚 錠一郎(オダギリジョー)は里帰りを提案する

 仕事から帰ったひなた(川栄李奈)は、茶の間に10年前に突然姿を消した振付師のサンタ黒須がいることに驚く。再会を喜んでいるひなたに、るい(深津絵里)は、サンタが自分の叔父・算太であることを告げる。

 その後、大月家で夕食を共にすることになった算太は、自分やるいが岡山の出身であることをひなたや桃太郎(青木柚)に語って聞かせる。しかしるいは複雑な表情で「あんまり覚えてへんの…岡山にいた頃のことは…」とつぶやくのだった。

 翌朝、るいは目を覚ましてきた算太に雉真家から姿を消した理由を尋ねる。しかし算太は「そねん昔の話はもう…ええじゃろう。わしもよう覚えとらん」と言葉を濁す。

 その後、商店街の福引きを手伝うことになった算太が、電器屋「あかにし」の店舗を見上げると、岡山で暮らした日々がフラッシュバックする。そして幼少期の安子(網本唯舞葵)が駆け寄ってきて「お兄ちゃん! ダンサーになれた? 踊って!」と笑顔で語りかける。

 そこから軽快な音楽が流れ始めると、サンタクロースの扮装をした算太のダンスシーンへ。年老いた算太が命を削るようにしてステップを踏む姿が岡山での日々を中心にした回想シーンを交えて描かれる。商店街の人々が手拍子をしながら見守る中、ダンスを終えた算太は一筋の涙を流し、その場に倒れるのだった。

 濱田ふんする年老いた算太のダンスシーンに、ネット上には「算太…朝から号泣させないでぇ…」「朝から…涙腺崩壊」「算太に泣かされたー!」などの声や「濱田岳が本気で泣かせにかかってきてヤバい」「あんた凄いよ!!凄すぎるよ!!」「濱田岳劇場だったね…素晴らしかった…」といった声が相次いだ。

 倒れた算太は、「いつどうなってもおかしくない」病気であることが判明。明日3月16日放送の第95回では、錠一郎(オダダギリジョー)が、ひなた(川栄李奈)と桃太郎(青木柚)、そして算太を連れて家族で岡山に里帰りしようと提案する。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv