クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

福山雅治、カッコ良すぎて録り直し!? 『映画おしりたんてい シリアーティ』悪役に挑むアフレコに潜入

アニメ

  • twitter
  • facebook
『映画おしりたんてい シリアーティ』よりシリアーティのアフレコに挑む福山雅治
『映画おしりたんてい シリアーティ』よりシリアーティのアフレコに挑む福山雅治(C)トロル・ポプラ社/ 2022 「映画おしりたんてい」製作委員会 (C)Troll/POPLAR,2022 “Butt Detective the Movie” Production Committee (C) T/P,2022 BDMC

 3月18日より公開の『映画おしりたんてい シリアーティ』より、シリアーティ教授を演じる福山雅治のアフレコ現場の写真が公開。併せて、福山のコメントが到着した。

【写真】『映画おしりたんてい シリアーティ』初のダークサイド役に挑む福山雅治のアフレコ写真

 累計発行部数900万部を超えるトロル原作の大ヒット児童書シリーズ「おしりたんてい」(ポプラ社刊)。2018年12月からテレビアニメ放送がレギュラー化。個性豊かなキャラクターや、謎解き、「しつれいこかせていただきます」の決めゼリフとともに犯人を追い詰める必殺技もおなじみだ。今回の劇場版『映画おしりたんてい』4作目は、初の長編作品。また、「超特大サイズのスイートポテト」作りを描く短編 『映画おしりたんてい 夢のジャンボスイートポテトまつり』も同時上映される。

 福山が声を担当するシリアーティは、同シリーズ史上最強の敵という役どころ。福山が劇場アニメで声優を務めるのは3度目となるが、今作で演じるシリアーティは、目的のためなら手段を選ばない冷酷な犯罪者で、福山のキャリアで“初”となる完全なるダークサイドの役。おしりたんていとシリアーティの対決シーンでは、「ぶれいこかせていただこう」というセリフで対抗するシリアーティ。頭脳戦もさることながら、激しい戦闘シーンも見どころだ。

 そんな福山のアフレコ現場に潜入。「CVという深淵なる表現の場においてはほぼ新人」という福山だが、アフレコは順調そのもの。映画全体の温度感やイメージをチェックし、そこからシーンごとにイントネーションや声のボリューム、テンポやタイミングなどを細かく調整しながらアフレコを進行。福山は1つのセリフに対し、数パターンの表現を率先して提案していた。

 「OK!」が出た際にも、「一応、別パターンもやってみましょうか?」「こんな感じはどうですか?」とバリエーションのストックを増やしていき、調整室では「そのパターンもいいかも」「なるほど」という言葉が飛び交っていた。「カッコ良すぎて録り直し」となるなど、クールな声の福山らしいNGが出るのも印象的だった。

 アフレコ中、一番多くパターンを試した言葉は「お・パーツ」。シリアーティが狙う、ホーホー博物館に眠る謎の秘宝だ。監督がテスト後にリクエストしようとしていたアドリブを、福山はテストの段階からアドリブ入りで対応。「お願いしようと思っていましたが、完璧です!」の声が飛んだ。そのアドリブとは吐息を入れること。福山本人も自然に出していたようで「入っていました?」と確認する場面も。シリアーティのキャラクターがすでになじんでいる印象を受けたやりとりだった。さまざまなパターンの「お・パーツ」を試しながらたどり着いた秘宝の発音とは…!?

 シリアーティがワンコロけいさつを翻弄するシーンでも、パターンを提案した福山。「おもしろい!」と監督らスタッフ一同が声をそろえた福山提案バージョンも見どころの一つだ。

 休憩中も一人ブースに残り、台本をチェックし、喉の調子を整えるなど、ストイックに挑む姿が印象的だった福山。予定よりも1時間以上早く終了するというとてもスムーズなアフレコだった。福山は、「キャストの皆さんの声が入った状態での収録でしたので、色んなアプローチを試すことが出来ました。不慣れな現場ですので難しさはもちろんありましたが、それ以上に収録現場を楽しむことが出来ました」と語っている。

 『映画おしりたんてい シリアーティ』は公開中。

 コメント全文は以下の通り。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv