クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

マーベルドラマ最新作『ムーンナイト』、日本版声優に関智一&小松未可子&咲野俊介

海外ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『ムーンナイト』メイン写真
ドラマ『ムーンナイト』メイン写真(C)2022 Marvel

関連 :

関智一

小松未可子

咲野俊介

 3月30日配信開始となるマーベル・スタジオのオリジナルドラマシリーズ『ムーンナイト』(ディズニープラス)の日本版声優として、ムーンナイト役を関智一、レイラ役を小松未可子、ヴィランとなるアーサー・ハロー役を咲野俊介が務めることが発表された。

【写真】日本版声優決定! 『ムーンナイト』キャラクター

 関が演じるのは、オスカー・アイザック演じる主人公スティーヴン・グラント。国立博物館のギフトショップで働く彼は、夜通し悪夢にうなされ、身に覚えのない“狂気に満ちた残酷”な記憶がよみがえるなど幻覚におびえる日々を過ごしていた。頭の中に響くのは“もう一人の自分”の声…。コントロールできないその人格、暗殺者のマーク・スペクターに支配され、彼に“ある力”が宿るとき、白スーツに身を包んだ闇のヒーロー、ムーンナイトが誕生する。

 度々マーベル作品にも参加してきた関だが、主人公を演じるのは初。「『アントマン&ワスプ』では敵役(ソニー・バーチ)、『ブラック・ウィドウ』では協力者(リック・メイソン)、そして今作ムーンナイトで遂にヒーローを担当できる様になりました。やっとここまで来ました(笑)今はただただ、嬉しい気持ちで一杯です」と、率直な喜びをコメント。

 さらに、「スティーヴンは内向的だけど、子供や動物にとても優しくて可愛い人だなぁと思いました。色々過去に秘密が有りそうで、そこも魅力になってるのかも」と、人格が混在する主人公の独特な魅力についても熱く語った。

 メイ・キャラマウィふんする謎の考古学者の女性レイラ役には、マーベル・シネマティック・ユニバース初参加となる小松。「多くの人を魅了するエンターテイメントを生み出しているMCU! そんな素晴らしい作品の一つに、自分も参加出来て非常に嬉しく思いますし、 今もとても興奮しています」と喜び語り、“ムーンナイト”というミステリアスな主人公については、「ギャップという一言に収めるには範疇を超えてはいますが笑、とても魅力的だと思います。スティーヴンの温厚さと頼もしさ、ムーンナイトの冷静さと脆さ。どちらにも存在する儚さ。謎が多くはありますが、話が進むごとにどんどん惹きつけられます」と話した。

 イーサン・ホーク演じるアーサー・ハローは、数々の作品でイーサンの吹き替え声優を務めてきた咲野が担当。アーサーは人の手に触れるだけで過去や未来を一瞬で読み取る力を持ち、将来悪事を働く可能性がある人物と判断した場合はその命を奪うという容赦ない面を持つヴィラン。

 『マイティ・ソー』シリーズのヴォルスタッグ役を務めた経験がある咲野は「またMCUの世界に戻ってこられて嬉しい限りです。ヴォルスタッグは豪放磊落(らいらく)、アーサーは繊細にして緻密、同じ世界線の中で真逆のキャラクターの吹替を担当出来ること、とても光栄に思っています」と感慨深い様子。いまだ謎に包まれたヒーロー“ムーンナイト”については、「地球から見る月は、見るたび色や形を変えその裏側は決して見せない。地球から最も近いにも関わらず、まだまだ謎の多い神秘的な星です。月の騎士“ムーンナイト”もまた、善人なのか悪人なのか、そして彼の闘う理由とは何なのか、その神秘性こそムーンナイトの魅力でしょう」と語っている。

 マーベル・スタジオ オリジナルドラマシリーズ『ムーンナイト』は、ディズニープラスにて3月30日16時より独占配信。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv