クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

荻上直子監督作『川っぺりムコリッタ』9月公開へ 松山ケンイチらがほほ笑み佇む新ポスター解禁

映画

 俳優の松山ケンイチが主演する映画『川っぺりムコリッタ』の新公開日が9月16日に決定。併せて、新ポスタービジュアルが解禁された

【写真】松山ケンイチ&ムロツヨシが2人ご飯 『川っぺりムコリッタ』場面写真

 本作は、『かもめ食堂』の荻上直子監督のオリジナル脚本による、友達でも家族でもない、でも孤独ではない、新しい「つながり」の物語。

 山田(松山)は、北陸の小さな街の小さな塩辛工場で働き口を見つけ、社長から紹介された「ハイツムコリッタ」という古い安アパートで暮らし始める。無一文に近い状態でやってきた山田のささやかな楽しみは、風呂上がりの良く冷えた牛乳。そして、お米が買える給料日を心から待ち望んでいた。ある日、隣の部屋の住人・島田(ムロツヨシ)が風呂を貸してほしいと上がり込んできた日から、山田の静かな日々は一変する。

 できるだけ人と関わらず、ひっそりと生きたいと思っていた山田だったが、夫を亡くした大家の南(満島ひかり)、息子と二人暮らしで墓石を販売する溝口(吉岡秀隆)といった、なぜだかハイツムコリッタの住人たちと関わりを持ってしまい…。図々しいけど、温かいアパートの住人たちに囲まれて、山田の心は少しずつほぐされていく―。

 昨年からの公開延期を経て、新公開日が9月16日に決定。解禁された新ポスタービジュアルは、夏の青空の下、メインキャストの松山ケンイチ、ムロツヨシ、満島ひかり、吉岡秀隆の4人が微笑み佇んでいる。牛柄のヤギと共に添えられている「友達でも家族でもない。でも、孤独ではない」のコピーから、彼らの「つながり」が伝わってくる。人と人の繋がりが希薄になった今の社会で、モノや境遇、場所にとらわれない形での生きることの楽しさ、心をほぐす幸せを実感できる物語が期待できる、明るくて温かいポップなビジュアルが完成した。

 また、『かもめ食堂』の舞台となったフィンランドの第10回ヘルシンキ シネアジア映画祭(10th Helsinki Cine Asia)への出品も決定している。

 映画『川っぺりムコリッタ』は、9月16日より全国公開。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv