クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

テロ被害者遺族のために戦った弁護士たちの実話 マイケル・キートン主演『ワース 命の値段』、来年2月公開&予告解禁

映画

 9.11テロ被害者遺族のために戦った弁護士たちの実話を描くマイケル・キートン主演映画『ワース 命の値段』が、2023年2月23日より公開されることが決定。予告編、ビジュアル、場面写真が解禁された。

【動画】映画『ワース 命の値段』60秒予告

 アメリカを襲った未曾有の大惨事である9.11テロの発生直後、途方もない仕事に挑んだ人々がいた。それは約7000人ものテロ被害者と遺族に、補償金を分配する国家的な大事業。このプログラムを束ねる弁護士ケン・ファインバーグは、前代未聞の難題に直面する。年齢も職種もバラバラな被害者たちの“値段”を、どうやって算出するのか。そもそも彼らの“命”を差別化することは、道義的に許されるのか―。

 本作は、全米の道徳観を揺さぶったこの知られざる実話を映画化した社会派エンタテインメント。被害者遺族それぞれの苦悩と向き合い、厳しい批判に晒されながらも、使命に立ち向かった弁護士たちの驚くべき2年間の軌跡を描く。2020年にサンダンス映画祭で上映された際は、「尋常じゃなく感動的!」(New York Times)などと絶賛を浴び、バラク・オバマ元大統領夫妻の製作会社ハイヤー・グラウンド・プロダクションズがいち早く配給権を獲得したことも話題となった。

 アカデミー賞作品賞に輝いた『スポットライト 世紀のスクープ』『それでも夜は明ける』の製作陣がプロデュースを手掛け、『バットマン』のマイケル・キートンが主演とプロデューサーを担当。原案となった回想録「What is Life Worth?」の著者で、主人公のモデルとなった弁護士のファインバーグと意気投合したキートンは、計算機のようだったファインバーグが遺族の声に耳を傾けて変わっていく姿を真摯に演じきった。

 監督は、2018年サンダンス映画祭監督賞受賞作『キンダーガーテン・ティーチャー』で注目された女性監督サラ・コランジェロ。脚本は、2008年に書き上げた本作で高い評価を受け、『GODZILLA ゴジラ』『キングコング:髑髏島の巨神』といった大作に抜てきされたマックス・ボレンスタイン。キャストは、キートンのほか、『ラブリーボーン』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたスタンリー・トゥッチ、『ゴーン・ベイビー・ゴーン』のエイミー・ライアンらベテラン実力派俳優陣が集結した。

 予告編は、ファインバーグが列車の窓から9.11の黒煙を目撃してぼう然とする映像から始まる。そして、米国は被害者補償基金を設立し、ファインバーグら弁護士チームが、「なぜ人によって金額が違う?」「娘の命も金持ちの命も同じだ」と被害者遺族たちの憤る言葉を一身に受けながらも、法律家としてできる方法で彼らを救おうと奮闘する様子が描かれていく。

 ビジュアルは、「9.11テロ犠牲者の命をドル換算した男がいた」という衝撃的なコピーとともに、被害者の“命の値段”を背負ったファインバーグの毅然とした姿が配置されたもの。

 場面写真は、前代未聞の難題に直面するファインバーグや、涙を流す犠牲者遺族、オペラ劇場で口論するファインバーグと遺族のチャールズ・ウルフ(スタンリー・トゥッチ)、力を合わせる人々の姿などが切り取られている。

 映画『ワース 命の値段』は、2023年2月23日より全国公開。

映画『ワース 命の値段』60秒予告

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv