クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『鎌倉殿の13人』第47回 “義時”小栗旬と“後鳥羽上皇”尾上松也が対決 鎌倉最大の試練・承久の乱勃発へ

ドラマ

  • twitter
  • facebook
大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第47回「ある朝敵、ある演説」より
大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第47回「ある朝敵、ある演説」より(C)NHK

関連 :

小栗旬

尾上松也

NHK大河ドラマ

 俳優の小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第47回「ある朝敵、ある演説」が11日の今夜放送される。

【写真】尼将軍・政子(小池栄子)が御家人たちの前に姿を現す 『鎌倉殿の13人』第47回「ある朝敵、ある演説」場面カット

 大河ドラマ第61作となる本作は、平安時代末期、伊豆弱小豪族の次男坊の出身でありながら、源頼朝と北条政子の結婚をきっかけに運命の歯車が回り始めた北条義時(小栗)の半生を描く。脚本は三谷幸喜。

【第47回「ある朝敵、ある演説」あらすじ】

 幕府の後継者争いが発端となり、乱れる京。朝廷の象徴である内裏が焼け落ちると、後鳥羽上皇(尾上松也)は再建費用を日本中の武士から取り立てることを決める。

 しかし、北条義時は政子(小池栄子)と大江広元(栗原英雄)の支持を得て、後鳥羽上皇の要求を先送りにすることを決断。泰時(坂口健太郎)をはじめ御家人たちが後鳥羽上皇との関係悪化を心配する中、三浦義村(山本耕史)は京で大番役を務める弟・胤義(岸田タツヤ)に近づく。

 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』はNHK総合にて毎週20時放送。BSプレミアム、BS4Kにて18時放送。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv