クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『ハリー&メーガン』後半配信 オプラのインタビューやベビーシャワーなど、物議を醸した出来事が語られる

セレブ&ゴシップ

  • twitter
  • facebook
『ハリー&メーガン』後半配信スタート 物議を醸した出来事が語られる
『ハリー&メーガン』後半配信スタート 物議を醸した出来事が語られる(C)Zeta Image

関連 :

メーガン・マークル

ヘンリー王子

 英王室を離脱したヘンリー王子とメーガン妃の知られざるストーリーが語られるNetflixのドキュメンタリー『ハリー&メーガン』。後半が12月15日よりついに配信スタートし、オプラのインタビューや誕生準備パーティーの経緯など、VOL.II(3話)で語られた事柄をまとめて紹介する。

【まとめ】ドキュメンタリー『ハリー&メーガン』前半パートで語られたこと 出会い、プロポーズ、父との確執

■人気があることをねたまれて

 結婚後しばらくは、王室に新風を吹き込む存在としてもてはやされた夫妻だが、風向きが変わったのはオーストラリア外遊だったそう。現地では各所で大歓迎を受けたが、これ以降メディアはメーガン妃を非難する方向に転換。夫妻の友人は、「2人があまりに人気でそれが宮殿内部で非常に恐れられました」と述べ、ヘンリー王子も、「問題は結婚した人物が主役ではなく脇役なのに、主役として産まれた人物の座を盗んで、主役よりうまい。均衡が崩れるんです」とコメント。自分の方が人気が高く、チャールズ皇太子(当時)のプライドを傷つけたと語るダイアナ妃のインタビューを引用し、同じ状況だと訴える。

■ニューヨークで行ったベビーシャワー

 2019年に長男アーチーくんが産まれる前、ニューヨークにて、アビゲイル・スペンサーやセリーナ・ウィリアムズら友人が主催する誕生準備パーティーに出席したが、当時これが浪費と批判され、「派手すぎる」「豪華スターのお祝い」と書き立てられた。メーガン妃はメディアの反応を振り返り、憤りをあらわに。「独立して力のある成功した女性たちが自分のお金を使った。納税者のお金ではない。友達に愛いっぱいのパーティーを開くためです。すばらしい時間をなぜ台無しに?」と述べている。

■出産後病院前でメディア対応しなかった理由

 王室では、出産した後に病院前でメディアの撮影に応じることが慣例となっている。アーチーくんを出産した際、夫妻はこれを行わなかったことが非難されたが、メーガン妃がこの時の状況を説明。出産した病院側がメディア対応できる環境になく、不可能だったと明かした。また、折衝案として後日城で撮影に応じることを提案したが、王室からは異論はなかったそう。ところが夫妻は自分勝手だと責められたと訴える。

■メディアの餌にされた

 メディアに書き立てられた夫妻だが、王室では不都合な記事が出ると分かると、それを潰すために別の王室メンバーの情報をリークする手法がまかり通っているそうだ。「王室の誰かに関するうわさが一瞬出たとします。消したいけれどウェブサイトには枠がある。新聞の一面にも枠がある。王室の誰かの記事で埋めなくては」とメーガン妃。疎遠になってしまった実父に関係修復を願った手紙がタブロイド紙に掲載されてしまうが、これはその餌食になったのだと主張。この訴訟を担当した弁護士も、「父親との関係悪化に関する否定的な記事の集中砲火は、彼女に関するネガキャンのとどめの一撃でした」と述べている。

■離脱をめぐる会合でウィリアム王子に怒鳴られた

 2020年1月13日、ノーフォークにある女王の別荘サンドリンガム・ハウスにて主要な王室メンバーが一同に会し、夫妻の王室離脱について会合が持たれた。「現地に着くと選択肢を5つ見せられました。第1案は変更なし、第5案は全面撤退。僕は半々の第3案を選びました。独自の仕事を持ちつつ、女王に仕えるという案です」とヘンリー王子は振り返るが、この選択は王室メンバーから反発を受けたそう。「目的は議論などではなかったとすぐわかった。兄は僕を怒鳴りつけ、父は真実でないことを話し、祖母は静かに座ってそこにいました。恐ろしかった」と続ける。これを機に、兄弟間の溝は深くなったという。

■メーガン妃、離脱時に泣き崩れる

 2020年3月、夫妻はついに王室から離脱する。最後の公務を終えカナダに到着したとき、メーガン妃は泣き崩れたそうだ。「本当に頑張ったんです。それでもまだ足りなかったのだと思った。溶け込めなかった」とメーガン妃。一方ヘンリー王子は、イギリス連邦の多くの国民が非白人であることに触れ、王室は彼らと繋がるチャンスを逃したとコメント。「システム内部の人は家族もスタッフも広報官もですが、誰もが僕の妻について大きな機会を逃しました。世界的な損失です」と述べた。

■オプラのインタビューを受けたわけ

 離脱後に受けたオプラ・ウィンフリーのインタビューでは、王室内の人種差別やメーガン妃が自殺を考えたことを語り、大きな注目を集めた。実現した経緯について、妃は「ケンジントン宮殿の広報官を通じて連絡があった。興奮したのを覚えています」と説明。「あのインタビューは記録を正すのではなく、人が埋めた空間を埋め直すのが目的。私たちが新しい道を築いて行こうとしても、一定の明確さがないとできません」とその理由を明かした。放送後王室からは、夫妻へ同情を示し、人種差別について対応する旨声明が出されたが、ドキュメンタリーでは、ヘンリー王子がウィリアム王子からメールを受け、取り乱す様子が映し出された。

 『ハリー&メーガン』は、全6話がNetflixで独占配信中。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv