クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

“町一番の嫌われ者”!気難しいオットーの表情が変化 トム・ハンクス主演『オットーという男』場面写真

映画

  • twitter
  • facebook
映画『オットーという男』メインビジュアル
映画『オットーという男』メインビジュアル

関連 :

トム・ハンクス

マーク・フォースター

 トム・ハンクス主演最新作『オットーという男』より、トム演じる気難しい主人公が、ある家族との出会いによって変化していく様子を切り取った場面写真4点が解禁された。

【写真】嫌われ者・オットーの表情に変化が

 本作は、2度のアカデミー賞に輝く名優トム・ハンクスが、パブリックイメージとは真逆の嫌われ者を演じる感動作。孤独を抱える主人公が、自身とは正反対な性格の家族と接するうちに、再び生きる希望を見つけていく姿をユーモアと涙を絡めて描く。

 原作は、スウェーデン発の世界的ベストセラー小説「幸せなひとりぼっち」。同タイトルで映画化され、2017年のアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた。この作品に魅せられたトムは、主演のほかプロデューサーも務めている。監督は、『プーと大人になった僕』のマーク・フォースター。

 オットー(トム)は、町内イチの嫌われ者でいつもご機嫌斜め。曲がったことが大嫌いで、近所を毎日パトロール、ルールを守らない人には説教三昧、あいさつをされても仏頂面、野良猫には八つ当たり…と、なんとも面倒で近寄りがたい人物だ。そんな彼が人知れず抱えていた孤独。最愛の妻に先立たれ、仕事もなくした彼は、自らの人生にピリオドを打とうとする。

 しかし、向かいの家に越してきた家族に邪魔され、死にたくても死ねない。それも一度じゃなく二度、三度も。世間知らずだが陽気で人懐っこく、お節介なメキシコ出身の奥さんマリソルは、オットーとは真逆な性格。小さい娘たちの子守や苦手な運転をオットーに平気で頼んでくる。この迷惑一家の出現により“自ら人生をあきらめようとしていた男”の人生は一変していく―。

 このたび、主人公オットーを捉えた場面写真4点が解禁。隣人マリソルが、不機嫌そうなオットーに子どもが描いた絵を見せるシーンのほか、オットーが、マリソルの子どもたちに読み聞かせをする姿や、優しい表情で猫を抱く姿などが切り取られている。マリソル家族との出会いにより、気難しかったオットーが変化していくことを予感させる写真となっている。

 映画『オットーという男』は、3月10日より全国公開。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv