クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

松山ケンイチ、3年ぶりに連ドラ主演!『ふたがしら』実写ドラマ化で豪放な盗賊に

エンタメ

  • twitter
  • facebook
松山ケンイチ、3年ぶりの連続ドラマ主演はオノ・ナツメ作品!早乙女太一とコンビ結成
松山ケンイチ、3年ぶりの連続ドラマ主演はオノ・ナツメ作品!早乙女太一とコンビ結成(C)オノ・ナツメ/小学館(C)2015 WOWOW/ホリプロ

関連 :

松山ケンイチ

早乙女太一

入江悠

中島かずき

オノ・ナツメ

 松山ケンイチと早乙女太一を迎え、入江悠監督が人気漫画家オノ・ナツメの『ふたがしら』を実写ドラマ化することがわかった。盗賊たちが繰り広げる“巧妙な駆け引き”と“痛快な騙し合い”を新感覚時代劇として描き、WOWOW「連続ドラマW」枠にて放送決定。今作で、松山は大河ドラマ『平清盛』以来3年ぶりの連続ドラマ主演を務める。

【関連】「松山ケンイチ」フォトギャラリー

 「脅さず殺さず汚え金を根こそぎいただく」を信条にする盗賊“赤目”に所属する弁蔵と宗次は、敬愛する頭・辰五郎が息を引き取る際に「一味のこと、まかせた」と言い渡される。しかし、遺言状には辰五郎の弟分・甚三郎に跡目を継がせると記されていることを知り、納得のいかない2人は赤目一味とたもとを分かち、旅に出る。

 明るくて豪放な主人公・弁蔵を演じるのは、WOWOW初登場の松山ケンイチ。クールで色男の宗次役には、「100年にひとりの女形」と言われる早乙女太一。そして、映画『ジョーカー・ゲーム』で日本映画界に新風を吹き込んだ入江悠がメガホンを取り、「劇団☆新感線」の作家・中島かずきが粋なせりふ回しと痛快なストーリーを紡ぎ出す。

 『平清盛』に続いての時代劇となる松山は「時代劇をやれる機会に恵まれとても嬉しく思います。太一君とどんなコンビになるのか、自分自身とても楽しみにしています」と胸中を明かした。

 原作者オノ・ナツメは「自分の作品が時代劇になることは大きな憧れだったので、今回ドラマ化して頂けることになり大変嬉しいです」と喜びの声。入江監督も「僕のような30代の監督にとって、時代劇を撮れる、というのは夢のような話です。子供の頃から観て育った時代劇の面白さを思い出しながら、時代劇の本場・京都で伝統を学び、新しい一歩となるような作品にしたいと思います」と意気込みを語った。

 『連続ドラマW ふたがしら』(毎週土曜22時)は、WOWOWにて6月より放送。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv