クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

声優・上坂すみれ、“黒一色”ゴスロリ衣装にご満悦 魔女は「憧れの存在」

アニメ・ゲーム

  • twitter
  • facebook
 『魔女の秘密展』プレス内覧会に登場した上坂すみれ
『魔女の秘密展』プレス内覧会に登場した上坂すみれ クランクイン!

関連 :

上坂すみれ

山田五郎

 『ガールズ&パンツァー』『アイドルマスター シンデレラガールズ』などで知られる声優・上坂すみれが19日、都内で行われた『魔女の秘密展』プレス内覧会に登場した。「ゴシックロリータファッションは昔から好きだったんですけど、こんなに黒一色というのはあまりなかった。今回の展示を見るとこんな華美な魔女はいませんが、ファンタジーの世界ということで…」とご満悦。また魔女のイメージについて「遠いけど憧れの存在。でもなりたくはない。火にあぶられて罪を浄化させられるのはちょっと…」と漏らした。

【関連】『魔女の秘密展』プレス内覧会フォトギャラリー

 『魔女の秘密展』東京展オフィシャル・アンバサダーを務める上坂は「魔女のイメージはファンタジー的で女の子にとっての憧れの存在でした。アニメ『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』でも魔女っ子の役をやっていますが、その子もちょっとドジっ子の要素もあって、私の中ではキュートな要素が強いんですね」と語る。

 一方で、今回の展示会を見て「自分が抱いていたイメージと違って、歴史の中で、“社会の暗部”であるところの魔女というのがすごくよくわかりました」という上坂。「拷問器具などなかなか見る機会もなかったので、こんなものが本当にあったのか、魔女裁判とはどんなものか、と雄弁に語っています」と説明した。

 この日のイベントには、本展公式図録の取材でドイツを訪れ、魔女ゆかりの地を巡った山田五郎も登壇。魔女裁判について「今のイジメやネット上でのバッシングとまったく同じ構造。“これ言っていいんだ”となると急にバーっと広まってしまう」と話し、魔女裁判を通じて現代の問題と関連づけて考えるきっかけにしてほしいと訴えた。

 また、展覧会の名称にちなみ自身の“秘密”について問われた上坂。悩んだ末に「うーん、口座番号かな」と答えると、山田から「それ、ただの個人情報じゃない」とツっこまれた。

 本企画は、今まで紹介されなかった“本当の魔女”を日本で初めて多角的に紹介する展覧会。ドイツ・プファルツ歴史博物館、ローテンブルク中世犯罪博物館のほか、オーストリア、フランスなど30ヵ所以上の美術館・博物館から、まじない道具、魔女裁判に関する書物や史料、魔女裁判で実際に使用された拷問道具など日本初公開を含めた多数の作品を公開している。

 『魔女の秘密展』東京展は3月13日までラフォーレミュージアム原宿で開催中。

この記事の写真を見る

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv