生田斗真の神対応に胸キュン!広瀬すず、ずぶ濡れ号泣の『先生!』メイキング映像到着

映画

  • twitter
  • facebook
『先生! 、、、好きになってもいいですか?』より、メイキング映像が公開
『先生! 、、、好きになってもいいですか?』より、メイキング映像が公開(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会

関連 :

生田斗真

広瀬すず

三木孝浩

 10月28日に公開初日を迎えた映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』より、予告編公開時から反響が高かった2つの名シーンのメイキング映像が公開された。

【関連】広瀬すず、『先生! 、、、好きになってもいいですか?』インタビューフォトギャラリー

 河原和音の純愛コミックを、5年ぶりに“恋愛映画”への出演を果たす生田斗真と、映画界にひっぱりだこの女優・広瀬すずの初共演で映画化した本作。響(広瀬)の純粋な気持ちに少しずつ心を溶かされながらも、立場の違いから「迷惑だ」と突き放す伊藤(生田)と、それでも初めて芽生えた感情に真っすぐ向き合いつづける響。SNS上では、不器用な2人が織りなすじれったいほどの純愛に、早くも「胸キュンが止まらない!」との声が続出している。

 今回公開された映像には、タイトルにもなっている「好きになってもいい?」と、響が伊藤に告白する社会科準備室でのシーンと、「振り向いてもらえなくても、今は一番好きな人を好きでいたい…!」と響が涙を流しながら、伊藤への想いを吐露する切ないシーンの撮影現場の様子が映し出される。
 
 初恋の喜びと痛みの間で揺れる、響の繊細な心のゆらぎを表現するため、視線の動き、細かい部分の言い回しや声のボリュームや高さに至るまで、現場で細かく広瀬と相談したという三木孝浩監督。告白シーンでは、広瀬による「先生…好きになっても、いい?」との問いに、生田も「これは惚れちゃうよね」と思わず笑顔でポツリ。

 12月目前の厳しい寒さの中で行われた雨のシーンの撮影では、散水車による大量の雨が降りしきるなか、広瀬の迫真の芝居に、スタッフとギャラリーは一瞬にして静まり返ったという。映像の最後に一瞬映る、「カット!」と同時に震える広瀬の頭を優しくポンと撫でる生田のさりげない気配りは、女性スタッフはもちろん、撮影当初から「神様みたいな人」と生田に全幅の信頼を寄せていた広瀬自身の心もときめかせていた。

 映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は、全国公開中。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access