綾瀬はるか、悪戦苦闘しつつもアクションに夢中「最終章は物足りないな~」

エンタメ

綾瀬はるか、高良健吾、NHK大河ファンタジー『精霊の守り人~最終章~』会見にて
 クランクイン!

 女優の綾瀬はるかが13日、NHKで行われた主演ドラマ『精霊の守り人~最終章~』の会見に、共演の高良健吾、鈴木亮平、原作者の上橋菜穂子と出席した。3年の間主演として、バルサ役を演じてきた綾瀬は、シーズン1、2と重ねるごとにバルサ像をしっかり掴んでいったと明かした。肝となるアクションシーンは「最初すごく難しくて。何をやっても強そうに見えなくて、なんか女の子っぽくなってしまって」と苦労を明かしたが、3年を経た今では「最終章は(アクションが)物足りないな~って。これでいいんですかって感じでした(笑)」とあっけらかんと笑っていた。

関連記事

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access