今夜スタート『この世界の片隅に』、松本穂香の元に松坂桃李との縁談が…

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『この世界の片隅に』第1話場面写真
『この世界の片隅に』第1話場面写真(C)TBS

関連 :

松本穂香

松坂桃李

宮本信子

仙道敦子

 女優の松本穂香が主演を務めるドラマ『この世界の片隅に』(TBS系/毎週日曜21時)が今夜からスタート。第1話では、ヒロインの元に縁談が持ちかけられ、伴侶と運命的な出会いを果たす様子が描かれる。

【写真】TBS『この世界の片隅に』キャスト発表取材会フォトギャラリー

 本作は、累計130万部を突破したこうの史代による同名コミックを実写化したヒューマンドラマ。昭和19年ごろの広島・呉を舞台に、ヒロインの北條すず(松本)が、夫の周作(松坂桃李)らと送る日常を描いていく。

 昭和9年のある日、広島県広島市江波に住む少女・浦野すず(幼少期:新井美羽)はお使いに出た帰り道、川原で絵を描いていたところを人さらいに捕まってしまう。しかし、先に捕まっていた少年・周作(幼少期:浅川大治)の機転で逃げ出すことに成功。すずは自宅に無事帰りつく。

 時は経ち昭和18年秋。妹のすみ(久保田紗友)と共に祖母・森田イト(宮本信子)の家で手伝いをしていたすずのもとに叔母が駆け込んできた。江波の自宅に“すずを嫁に欲しい”という人が来ていると連絡があったのだ。事情がわからないまま自宅へと急ぐ道すがら、すずは海軍兵学校へ進んだ幼なじみ・水原哲(村上虹郎)と出くわす。哲が縁談の相手の人だと思っていたすずは、さらに頭が混乱する。

 その頃、浦野家では北條周作とその父・円太郎(田口トモロヲ)がすずの帰宅を待っていた。すずの父・浦野十郎(ドロンズ石本)と母・キセノ(仙道敦子)は突然の来客に恐縮しながら会話を続ける。周作は以前、すずを見初めたというが、家の様子をこっそり覗いていたすずには、周作の姿はまったく見覚えがなかったのだ。

 ドラマ『この世界の片隅に』は、TBS系にて今夜7月15日より毎週日曜21時放送。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access