橋本愛主演『ここは退屈迎えに来て』“エモさ”爆発の場面写真公開

映画

  • twitter
  • facebook
映画『ここは退屈迎えに来て』メインビジュアル
映画『ここは退屈迎えに来て』メインビジュアル(C) 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会

関連 :

門脇麦

橋本愛

成田凌

廣木隆一

 女優の橋本愛が主演し、門脇麦、成田凌と共演する映画『ここは退屈迎えに来て』から、共感必至のもどかしさにあふれた、本作の雰囲気が伝わってくるエモーショナルな場面写真が公開された。

【写真】映画『ここは退屈迎えに来て』“エモさ”爆発の場面写真ギャラリー

 「R‐18文学賞」読者賞を受賞した山内マリコの同名処女小説を基にした本作は、2004年の高校時代から2013年の現在まで、みんなの憧れの的だった「椎名くん」を中心にキャラクターを交差させながら描く、痛く切ない群像劇。

 27歳の「私」はマスコミ業界を志望して上京したものの、10年後地元に戻る羽目となり、今はフリーライターとしてタウン誌で記事を書きつつ、実家暮らしのさえない日々を過ごしている。高校時代の友達と久々に会った勢いで「椎名くん」に連絡し、会いにいく展開となるも、その道中で2人の高校時代の忘れられない思い出が蘇る。

 また、もう1人のヒロインである「あたし」は元カレの「椎名」を忘れられないまま、地元でフリーター生活中。「椎名」の友達と腐れ縁のような関係を続けているが、心は元カレとの青春の輝かしい記憶に今もとらわれている。

 映画『桐島、部活やめるってよ』『PARKS パークス』に出演した橋本が「私」に扮するほか、NODA・MAPの公演『贋作 桜の森の満開の下』への出演を控える門脇が「あたし」役を務める。男女問わず皆の中心にいた「椎名くん」を、映画『劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』に出演する成田が担当。加えて、渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳ら実力派俳優陣が脇を固める。メガホンを取るのは、映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の廣木隆一。

 解禁された場面写真では、茜色に染まった田舎の風景をバックに、こちらをまっすぐ見つめる「私」の姿や、腐れ縁の男とホテルのベッドに横たわってタバコをふかす「あたし」の姿など、「青春と、青春のその後をリアルに描いた」世界観が垣間見える画をピックアップ。狭い地方都市の国道やゲーセンなど、どこか見覚えのある風景も切り取られており、廣木監督が「ひりひりするような思い出がぼんやり浮かんでくる」と語るように、見るもの誰もが思わず共感を覚えるものとなっている。

 映画『ここは退屈迎えに来て』は10月19日より全国公開。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access