『ウォッチメン』、テレビドラマシリーズ化が正式決定

海外ドラマ

  • twitter
  • facebook
DCコミックヒーロー『ウォッチメン』のTVドラマシリーズ化が決定(※写映画版『ウォッチメン』の場面写真)
DCコミックヒーロー『ウォッチメン』のTVドラマシリーズ化が決定(※写映画版『ウォッチメン』の場面写真)(C)AFLO

 DCコミック原作で2009年に映画化された『ウォッチメン』。米HBO局で海外ドラマ『LOST』シリーズや『LEFTOVERS/残された世界』シリーズのデイモン・リンデロフが手がけるパイロット版の制作が進められていたが、HBO局がドラマシリーズ化を正式に決めたという。

【写真】映画版『ウォッチメン』フォトギャラリー

 The Hollywood Reporterによると、HBO局は2019年のプレミア放送を視野に入れているとのことだ。米ワーナー・ブラザース・テレビジョンとリンデロフのホワイト・ラビットが制作するという。HBO局はアラン・ムーア原作のコミックのセリフ「Nothing ever ends(何も終わりはしない)」と、額に矢印のような形の血が流れているコメディアンのスマイリー・フェイスのジュアルを使い、シリーズ化を発表した。

 テレビ版『ウォッチメン』には、リンデロフの手掛けた海外ドラマ『LEFTOVERS/残された世界』の女優レジーナ・キングや、映画『レッド・スパロー』の俳優ジェレミー・アイアンズ、映画『愛と青春の旅立ち』の俳優ルイス・ゴセット・Jr、海外ドラマ『マイアミ・バイス』の俳優ドン・ジョンソンらが出演する。明確な役柄は不明。ジェレミーの役は主役級と報じられている。

 リンデロフはパイロット版の制作が決まった際に、テレビシリーズがコミックシリーズの忠実なドラマ化ではなく、それらをミックスしたオリジナルストーリーになると話していた。シリーズ化に伴い、パイロット版を監督した海外ドラマ『ザ・フォロイング』のニコール・カッセルが、製作総指揮に加わっている。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access