阿部寛、竹内涼真のブレイク理由はヤスケン!? 秘話を暴露

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『下町ロケット』完成披露特別試写会&舞台挨拶にて
『下町ロケット』完成披露特別試写会&舞台挨拶にて クランクイン!

関連 :

阿部寛

竹内涼真

安田顕

尾上菊之助

真矢ミキ

古舘伊知郎

立川談春

 俳優の阿部寛が7日、都内で開催された日曜劇場『下町ロケット』完成披露特別試写会&舞台挨拶に共演の竹内涼真、安田顕らと出席した。3年ぶりの復活となった本作に手ごたえを感じたという阿部は、安田と竹内の意外な秘話を明かした。

【写真】ヤスケンに股間を揉まれていたという竹内涼真 『下町ロケット』完成披露特別試写会&舞台挨拶の様子

 本作は、2015年の10月期に放送された『下町ロケット』の新シリーズ。主人公・佃航平(阿部)が経営する町工場「佃製作所」が、主力商品となっているロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化や、主要取引先からの非情な通告などのピンチに陥る中、新たな挑戦に乗り出す様を描く。

 主演の阿部は3年ぶりの復活について「(撮影)初日から皆さん3年前と同じように、全然迷いもなくできるのはすごく幸せなことだと思いますし、僕が出ていないシーンも拝見させていただいたんですけども、台本以上のものになっていて、パワーというか、より人が生きていく難しさとか強さが滲み出ていたので、今日見て、本当にほっとしているんです」と安堵の様子。

 一方、佃の部下である若手技術者・立花洋介を演じる竹内は「3年前より阿部さんと多分会話が増えている」とはにかみ、佃の部下で技術開発部部長・山崎光彦に扮する安田については「(最初に会った時は)何を考えているか分からなかったんですけど、最近少しずつ分かってきて。すごく距離も縮まってきています」とコメント。

 阿部は竹内のブレイクについて「目の奥に光るものが違ったんですね。当時から」としつつ、「先見の明があるのは、やっぱり安田君で。当時から彼の股間を揉んでたんですよ。彼が股間を揉む若手は必ず売れる」と暴露。これを受けた安田は「3年前より随分面白いことを仰る(笑)」と言いながら「これから自分が伸びたいな、行きたい!っていう方は、私のとこにいらして。股間を触りますので」と語って会場を沸かせていた。

 この日のイベントには尾上菊之助、真矢ミキ、古舘伊知郎、立川談春も出席した。

 日曜劇場『下町ロケット』は、TBS系にて10月14日より毎週日曜21時放送(初回25分拡大スペシャル)。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access