『SUITS/スーツ』2話 織田裕二&小手伸也コンビに「かわいい」の声

エンタメ

  • twitter
  • facebook
(左から)織田裕二、小手伸也
(左から)織田裕二、小手伸也 クランクイン!

関連 :

織田裕二

小手伸也

中島裕翔

 俳優の織田裕二主演のドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第2話が15日に放送され、主人公に扮した織田と、彼にライバル心を抱く弁護士を演じる小手伸也のコミカルなやりとりに「可愛いな」「良いコンビ」などの声がネット上に寄せられた。

【写真】織田裕二&小手伸也、息ぴったり!

 本作は、アメリカの人気ドラマ『SUITS』を原作に、敏腕エリート弁護士と天才フリーターがバディを組み、数々の訴訟を解決していくリーガルドラマ。

 大輔(中島裕翔)は、甲斐からの指示で無料法律相談会の仕事に取り組んでいた。そこで大輔は、勤めていた病院の院長から愛人にならないかと誘われたものの、それを断ったせいで解雇されたという看護師・河瀬今日子(関めぐみ)の相談を受ける。

 甲斐(織田)は、今日子を解雇したのが東都医科大学病院院長の海部政継(中村育二)だと知ると、すぐに先方に連絡するよう大輔に命令。海部は日本医師協会の次期会長候補。甲斐は海部がスキャンダルを嫌って示談に応じるはずと考えたのだが…。

 海部との示談交渉を進める大輔は、事務所で蟹江(小手)に声をかけられる。蟹江は大輔が甲斐の部下であることを認めた上で「つまり君は甲斐にタマを握られている」と一言。続けて蟹江は、自分が事務所内の若手弁護士全員の監督官であることを説明すると「つまり簡単に言えば、私も君の“ココ”を握っている」と語り大輔の股間を鷲掴み。このシーンに視聴者からは「月9とは思えない」「裕翔くんの球が握られた」などのツイートが殺到。

 弁護士事務所所長のチカ(鈴木保奈美)に呼び出された甲斐と蟹江は、所内でハラスメントが横行していることを詰問される。甲斐は蟹江に「だから新人イジメはやめろと言っているんだ」と忠告すると、蟹江は甲斐に「君は誰に向かって言ってるんだ? 私は君か!?」と応戦。テンポ抜群のセリフの応酬にSNSは「息ピッタリ~」「コイツらほんとは仲良いだろw」といったリアクションが寄せられた。

 さらに業を煮やしたチカが二人に「胸に手を当てて聞いてみたらどう?」と話すと、甲斐と蟹江は言われた通り、胸に手を当て、目をつぶって考え込む仕草。二人の迷コンビぶりに視聴者は「可愛いな」「良いコンビじゃねーか」「面白い」などの称賛を贈った。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access