『まんぷく』“ラーメンづくり”始動! 視聴者興奮「ついに!」

エンタメ

  • twitter
  • facebook
連続テレビ小説『まんぷく』完成試写会にて、安藤サクラ、長谷川博己
連続テレビ小説『まんぷく』完成試写会にて、安藤サクラ、長谷川博己 クランクイン!

 NHK連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合/毎週月〜金曜8時)第93回「ラーメンだ!福子!」が22日に放送され、俳優の長谷川博己演じる萬平が“ラーメンづくり”をひらめいた。これを受け、視聴者からは「ついに」「やっとここまできた!」と興奮の声が上がった。

【写真】長谷川博己(萬平)「ラーメンだ!」と大興奮『まんぷく』第93回フォトギャラリー

 『まんぷく』は、チキンラーメン、カップヌードルを開発した実業家・安藤百福とその妻・仁子の半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代の大阪で懸命に生き抜く夫婦の苦労と成功を描くヒューマンドラマ。

 萬平は現在、池田信用組合・理事長の座を離れ、無職の身。新しいことを始めようとしていたが、その具体的なアイデアはない。そんなある日の夕食中、仕事に家事にと1日忙しく働いた福子(安藤サクラ)に、萬平は「何が一番大変なんだ?」と尋ね、福子は「毎日の食事を考えることです」と答える。

 この福子の言葉をきっかけに、戦時中に食べ、おいしかったラーメンを思い出した萬平。「あんなにうまくて僕たちを幸せにしてくれたラーメンが、どうして家で食べることができないんだよ」と熱弁する。そして興奮した表情で立ち上がり、「ラーメンだ!」「見つけたぞ、福子。ラーメンだ」と叫ぶのだった。

 これまで幻灯機、根菜切断機、塩、ダネイホンと発明してきた萬平が、ついに“ラーメンづくり”へとたどり着いた。視聴者からは、「ついに」「やっとここまできた!」「ラーメン来た!」と反響が寄せられ、これからの展開への期待が高まっている。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access