クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

安藤サクラ&柄本佑、夫婦でキネ旬ベスト・テン主演賞受賞

映画

  • twitter
  • facebook
(左から)安藤サクラ、柄本佑
(左から)安藤サクラ、柄本佑 クランクイン!

関連 :

安藤サクラ

柄本佑

 女優の安藤サクラと、俳優の柄本佑夫妻が、「2018年第92回キネマ旬報ベスト・テン」にて、それぞれ主演女優賞、主演男優賞をともに受賞。初となる夫婦での主演賞受賞に、安藤は「主演男優賞が柄本佑さんですと聞いたときには、飛び上がって喜びました」と喜びを見せている。

【写真】安藤サクラ 夫・柄本佑と“朝ドラ2ショット”

 「キネマ旬報ベスト・テン」は、1924年(大正13年)からスタートした歴史ある映画賞。途中、戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2018年度で92回目を迎える。ベスト・テンという形式で、その年の代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」では読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・外国人を多面的に選出している。

 三度目となる主演女優賞受賞の安藤と、めでたく夫婦ダブル主演賞受賞となった柄本は、「今のところ、日々の仕事で手一杯で“実感はない”というのが正直な気持ちですが、各作品の関係者の皆さん、それから友人や家族が喜んでくれているのが嬉しいです」とコメントを寄せている。

 また、本誌「キネマ旬報」は、今年2019年に創刊100年を迎えるため、映画人への敬意と感謝を込めて「特別賞」を新たに設置。昨年亡くなった女優の樹木希林に贈られた。

 各作品部門の2~10位は、5日発売の「キネマ旬報2月下旬キネマ旬報ベスト・テン発表特別号」に掲載される。

「2018年 第92回キネマ旬報ベスト・テン」各受賞者
▼作品
日本映画ベスト・テン第1位『万引き家族』
外国映画ベスト・テン第1位『スリー・ビルボード』
文化映画ベスト・テン第1位『沖縄スパイ戦史』
読者選出日本映画ベスト・テン第1位『万引き家族』
読者選出外国映画ベスト・テン第1位『スリー・ビルボード』
▼個人
日本映画監督賞 瀬々敬久『菊とギロチン』『友罪』
日本映画脚本賞 相澤虎之助、瀬々敬久『菊とギロチン』
外国映画監督賞 マーティン・マクドナー『スリー・ビルボード』
主演女優賞 安藤サクラ『万引き家族』
主演男優賞 柄本佑『きみの鳥はうたえる』『素敵なダイナマイトスキャンダル』『ポルトの恋人たち 時の記憶』
助演女優賞 木野花『愛しのアイリーン』
助演男優賞 松坂桃李『孤狼の血』
新人女優賞 木竜麻生『菊とギロチン』『鈴木家の嘘』
新人男優賞 寛一郎『菊とギロチン』
読者選出日本映画監督賞 是枝裕和『万引き家族』
読者選出外国映画監督賞 マーティン・マクドナー『スリー・ビルボード』
キネマ旬報読者賞 立川志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」
特別賞 樹木希林

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access