千葉雄大主演×成田凌の怪演再び 『スマホを落としただけなのに』続編決定

映画

  • twitter
  • facebook
(左から)映画『スマホを落としただけなのに2(仮)』に出演する千葉雄大、成田凌(※前作場面写真より)
(左から)映画『スマホを落としただけなのに2(仮)』に出演する千葉雄大、成田凌(※前作場面写真より)(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

関連 :

千葉雄大

成田凌

 昨年公開された女優・北川景子主演の映画『スマホを落としただけなのに』の続編『スマホを落としただけなのに2(仮)』の製作が決定し、2020年に公開されることが分かった。前作で過去にトラウマを持つ刑事・加賀谷を演じた千葉雄大が主演を務め、成田凌演じる獄中の連続殺人鬼・浦野と再び対峙する。

【写真】北川景子&千葉雄大ら登壇『スマホを落としただけなのに』初日舞台挨拶の様子

 恋人が落としたスマホをきっかけに、やがて命を狙われることになるヒロインの恐怖と、隠された過去が暴かれるというミステリー展開が話題を呼んだ前作。「スマホ世代」を中心に共感を集め、興行収入ランキングで邦画実写作品として4週連続1位(興行通信社調べ)を記録した。その続編となる本作は、志駕晃の小説シリーズ第2弾『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(宝島社文庫)が原作。監督は前作に続き中田秀夫が務める。

 刑事・加賀谷学(千葉)が解決したはずの連続殺人事件から数カ月後、同じ現場から新たな身元不明の死体が発見される。真相を探るため、加賀谷はかつて自分が逮捕した獄中の連続殺人鬼・浦野善治(成田)と再び対面することに。「お前が殺したのか?」と尋ねる加賀谷に対し、浦野が明かしたのは、彼が師と仰ぐ「M」というダークウェブ上に存在する謎の人物の存在だった。一方、同じ頃、加賀谷の恋人・美乃里を狙う謎の男の姿が。加賀谷は苦渋の選択として、浦野に捜査協力を依頼することを決断するが…。

 加賀谷役の千葉は「この作品が伝えたいことは何なのか。その軸をしっかり持ちつつ、加賀谷を演じたいです。第1作目では、事件を追う刑事という役柄でしたが、今回はそのパーソナルな部分が深掘りされると思うので、第1作目を観てくださった方にも楽しんでいただける作品になれば、と思います」と話す。

 一方、浦野を演じる成田は「また皆様にゾクゾクしてもらえるよう、チーム一丸となり良い作品を作れるよう頑張ります!」と意気込んでいる。

 中田監督は「前作のラストでは、フィジカルにも心理的にも対決した千葉さん、成田さんですが、彼等には強固な共通点があり、どうしようもなく惹きつけ合う点もありました。続編ではこの二人の『奇妙なタッグ』を軸に物語が展開します。お二人に俳優としての個性と感覚をぶつけ合ってもらい、さらなる高みを目指したエンタテイメントを作り上げたいと思います」とメッセージを寄せた。

 映画『スマホを落としただけなのに2(仮)』は2020年全国公開。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access