クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

木村拓哉が警察学校の冷徹な教官に! 特別ドラマ『教場』2020年放送

エンタメ

 木村拓哉が、フジテレビ開局60周年特別企画として放送されるドラマ『教場』で主演を務めることが発表された。木村は本作で、冷酷無比な警察学校の教官を演じる。

【写真】『教場』原作書影

 本作は、「週刊文春ミステリーベスト10」(2013)第1位、「このミステリーがすごい!」(2014)第2位を獲得し、2013年のミステリー界の話題を総ざらいした、長岡弘樹の警察小説『教場』が原作。シリーズ作品初の映像化で、脚本は『踊る大捜査線』シリーズの君塚良一、演出を、木村とは『若者のすべて』(1994)、『眠れる森』(1998、主演)、『プライド』(2004、主演)などでタッグを組んできた中江功が手がける。

 舞台は、木村演じる風間公親が教官を務める警察学校・初任科第198期短期課程。「警察学校は、優秀な警察官を育てるための機関ではなく、適性のない人間をふるい落とす場である」と考える風間は、生徒がトラブルに見舞われた途端、退校届を突きつける非情な男だ。

 厳しいトレーニングや厳格なルールに耐えかね、自ら退校していく者も少なくない警察学校には、さまざまな背景を持つ生徒たちがさまざまな動機で集まってくる。また、警察学校という閉塞した極限状態で生徒たちが抱える葛藤もさまざま。鋭い監察力を持つ風間は、そうした生徒たちが起こす事件、複雑に絡み合った真相を暴き、生徒たちの深層心理に迫っていく。そして、生徒たちに非常識ともいえる謎の試練を与え続ける風間の真の狙いとは…。

 木村は今回の役柄について「監督と実際の警察学校の見学に行かせていただいたり、話し合いをしたりする中、原作から脚本にする段階で、風間の置かれている状況や経験した過去の部分で新たに脚色をさせていただいたところがあり、風間というキャラクターを自分なりに掘り下げながら、みんなで一緒に作り上げているつもりです」と並々ならぬ思いで挑んでいる模様。

 クランクイン前には警察学校の所作訓練にも積極的に参加し、生徒役のキャストと共に厳しい訓練と向き合った。生徒役のキャストに対し、木村は「訓練を重ね、制服に袖を通す度に、皆さんそれぞれ役における軸を確立していっていると感じます」と語っている。

 最後に「おそらく見たことのない、味わったことのない作品になると思うので驚く方が多いのではないかと思います。作る側としては、僕らの責務として全力で作品を作るしかないので、楽しみに待っていていただけたら、と思います」とメッセージを寄せた。

 フジテレビ開局60周年特別企画『教場』は、フジテレビ系にて2020年新春に2夜連続放送。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access