クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

佐藤健、“忘れられない一夜”を告白 佐々木蔵之介「心地よかった」と紳士のほほ笑み

映画

  • twitter
  • facebook
『ひとよ』ジャパンプレミア試写会にて
『ひとよ』ジャパンプレミア試写会にて クランクイン!

関連 :

佐藤健

鈴木亮平

松岡茉優

音尾琢真

佐々木蔵之介

白石和彌

 俳優の佐藤健が25日、都内で主演映画『ひとよ』のジャパンプレミア試写会に登場。本作にまつわるエピソードを語った一方、鈴木亮平とともに、松岡茉優のマシンガントークにタジタジの様子を見せた。

【写真】はにかんだ笑顔の佐藤健にキュン!

 映画『ひとよ』は、劇作家・桑原裕子氏の同名舞台作品を原作とするヒューマンドラマ。15年前の事件に狂わされた稲村家の再会と再生を描く。本イベントには、佐藤や鈴木、松岡のほか、音尾琢真や佐々木蔵之介、白石和彌監督が出席した。

 佐藤が演じたのは、東京でフリーライターとして働く稲村家の次男・雄二。撮影は「素晴らしい共演者の皆さまと白石監督の下ということで、今回の現場では『何か自分でしよう』という気負いが一切なく、過去経験したどの現場よりも、力の抜けた状態で臨めた」と語り、それを「かつてないほどの他力本願スタイル」と評した。

 また「『ひとよ』の話が来る前から、もし白石作品に出演できるなら、こういう役作りをしようと考えるくらい、勝手に想定していました。それくらい念願かなっての出演なのでうれしいです」と明かし、「もし(白石作品に)出られるなら『今より線を太くして、体内を汚して挑もう』と思っていた。それは、今回も参考にした」と解説。

 するとスナックで働く末っ子の妹・園子役の松岡が「汚いですよ~、この映画の佐藤さん。ビックリするくらい汚い! こんなキレイな顔してるのに、こんなに汚く…!」と口撃。佐藤は途中で割り込み、冗談半分に「あんまり言うな、そういうこと。傷つくでしょ…。自分で言うのはいいけど、女性に言われると悲しくなる」と松岡にツッコんだ。

 町の電気屋に勤め、三兄妹で唯一家庭を持つ長男・大樹役の鈴木は、白石監督からのオファーが「ぜひ、という感じでうれしかった」と心境を告白。「活発な役が多いので、こういうちょっと内向的な役を『鈴木にやらせてみたい』と思ってくれたことに感謝しています」と述べた。ここで松岡がまた「も~、今まで見たことのないくらい汚い佐藤健さん! そして、今まで見たことくらい頼りない鈴木亮平さん! 『西郷どん』はどこに行ったんだ? という…」と続けて会場の笑いを誘った。

 本作にちなんで、“忘れられない一夜”を問われて佐藤は「現場での思い出深かった一夜」を述懐。「(本作の撮影で)蔵之介さんに、全力飛び蹴りをする夜。あれはもう…忘れられない」と白い歯をこぼした。

 話を聞いて佐々木が「心地よかったです」と紳士にほほ笑む中、松岡は「(同シーンは)スゴかったですよね。殺陣をつけられて本当すぐに。殺陣の先生が一言、二言ペロペロッ!って言って『あれ? 今の説明だけ?』と思っていたら、佐藤さんが私の目の前を飛んでいった。『あぁ~、剣心~!』と思いました」と、きっちり笑いを提供していた。

 映画『ひとよ』は、11月8日より全国公開。

映画『ひとよ』予告編

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access