クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

今夜の『同期のサクラ』 自暴自棄の新田真剣佑を見た高畑充希が号泣

エンタメ

  • twitter
  • facebook
水曜ドラマ『同期のサクラ』第5話場面写真
水曜ドラマ『同期のサクラ』第5話場面写真(C)日本テレビ

関連 :

高畑充希

新田真剣佑

竜星涼

橋本愛

岡山天音

相武紗季

 女優の高畑充希が主演を務めるドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系/毎週水曜22時)第5話が今夜放送される。2013年が描かれる第5話では、木島葵(新田真剣佑)が同期の仲間を傷つけるような発言をしてしまい、北野サクラ(高畑)が号泣してしまう。

【写真】自暴自棄の新田真剣佑、高畑充希への告白も… 『同期のサクラ』第5話より

 2013年9月。美咲島に架ける橋の着工が無期延期になったまま人事部で入社5年目を迎えたサクラは、夢を諦めずに相変わらずの日々を過ごしていた。そんな中、葵が社長賞を受賞したことを知る。

 葵は社長室で表彰され、いつものように調子の良いスピーチをするが、社長(西岡德馬)からは「(国土交通省の)お父さんによろしく」と言われ、その後戻った都市開発部では目玉のプロジェクトが凍結するトラブルが発生しており、「お前にできることは国交省の父親に頼むことだ」と、実力ではなくコネを当てにされ、複雑な気持ちを抱く。

 その夜、葵の社長賞を祝おうというサクラの呼びかけで月村百合(橋本愛)ら同期の仲間が集まる。そこで悩みの相談もできず、いつもの調子のいいキャラクターを演じる葵だが、同期たちが充実した日々を過ごしている様子を目の当たりにして、つい見下すような発言をしてしまう。怒った百合たちは帰り、残されたサクラは号泣する。

 その後、葵は実家でプロジェクトの凍結について切り出そうとするが、父・康秀は同じエリート官僚の兄・光一とばかり話し、葵の話には耳を貸そうともしない。翌日、父に頼めなかったことを同僚に言い出せない葵は別の案を提案しようとするが、コネ入社のくせにリーダーぶる姿を一刀両断され深く傷つく。その夜、激しく酒を飲みながら、自分が七光りだと陰でバカにされていることを笑いながらサクラに話す葵。

 酔いつぶれた葵を家まで送り、そこで立派な建築を見て感動したサクラは、葵の父と兄に、嘆願書と書き込みの入ったパンフレットを渡す。そんなサクラの行動を見て、話を聞いてほしいと父親に土下座する葵だが、それでも冷たくあしらわれてしまう。サクラが葵にかける言葉を探していると、突然、葵から「俺と付き合わない?」と迫られる…。

 ドラマ『同期のサクラ』第5話は日本テレビ系にて、今夜11月6日22時放送。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access