クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『麒麟がくる』本木雅弘の“怪演”&名ゼリフに視聴者釘づけ「怖いよ…」「最高」

エンタメ

  • twitter
  • facebook
大河ドラマ『麒麟がくる』に出演する本木雅弘
大河ドラマ『麒麟がくる』に出演する本木雅弘 クランクイン!

関連 :

本木雅弘

尾美としのり

 長谷川博己主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)の第3回「美濃の国」が2日に放送され、斎藤道三役の本木雅弘による怪演と道三が放った言葉に、ネット上には「怖いよ怖いよ…」「ヒリヒリする最高」などの声が相次いだ。

【写真】道三の娘・帰蝶を演じる川口春奈

 本作は、応仁の乱の後、無秩序の乱世をおさめようと美濃の地で台頭する明智光秀の半生を描く。前回の第2回「道三の罠」では、斎藤道三(本木)が尾張の織田信秀(高橋克典)を欺く姿や、娘・帰蝶(川口春奈)の夫で自らの主君でもある土岐頼純(矢野聖人)を毒殺する姿が描かれた。

 美濃の守護代として実権を握る道三(本木)は、亡くなった頼純の叔父・土岐頼芸(尾美としのり)を美濃の新しい守護として擁立しようとする。頼芸から「そなた、頼純を殺したそうじゃなぁ?」と問われた道三は、寝耳に水といった表情で「私がぁ!? 頼純様を!? 誰がそのような世迷言を申しました?」ととぼけてみせる。この道三の言動に、ネット上には「白々しいにも程がある」「ここまですっとぼけると逆に清々しさすら感じる」といったコメントが寄せられた。

 道三は頼純が自ら毒をあおって死んだと説明すると、その頼純に代わって頼芸に美濃の主である守護に就くように依頼する。しかし頼芸は「守護代のそなたがすべてを取り仕切っているではないか」と応えると「今や土岐家はそなたの“操り人形”じゃと皆が申しておる」と話し「まだそなたに毒は盛られたくはない」と皮肉交じりに固辞。そんな頼芸の言葉を聴いた道三は、それまでのへりくだった態度から一転、無表情に頼芸を見つめると「“操り人形”に毒は盛りません」とつぶやく。

 緊張感を漂わせる道三の姿に、ネット上には「怖いよ怖いよ…」「ヒリヒリする最高」「回を追うごとにモックンの怪演が迫力を増してゆく」などの声が相次ぎ、さらに道三が頼芸に放った言葉に対して「生涯一回は言ってみたい」「なかなかの名言」といった投稿も集まった


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access