クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

永瀬正敏、窪田正孝の“ペンギン役”大絶賛「ペンギンにしか見えなくなった」

映画

  • twitter
  • facebook
映画『ファンシー』公開記念舞台あいさつに登壇した(左から)永瀬正敏、窪田正孝
映画『ファンシー』公開記念舞台あいさつに登壇した(左から)永瀬正敏、窪田正孝 クランクイン!

関連 :

永瀬正敏

窪田正孝

小西桜子

 俳優の永瀬正敏と窪田正孝が8日、都内で行われた映画『ファンシー』公開記念舞台あいさつに出席。永瀬がペンギン役の窪田のことを「どんどんペンギンにしか見えなくなった」と褒めちぎった。

【写真】初々しい小西桜子がかわいい! 映画『ファンシー』公開記念舞台あいさつの様子

 同作は、山本直樹氏の原作にオリジナル要素を大幅に付け加え、現実とファンタジーの狭間を揺らめく男女3人の関係性をスリリングに映し出したもの。主人公のミステリアスな元影師の郵便屋を永瀬、奇想天外な詩人を窪田が演じる。イベントには永瀬、窪田のほか、小西桜子、廣田正興監督が登壇した。

 原作では本物のペンギンだという窪田の役柄。窪田は原作を読んだときに「原作を読ませてもらってもペンギンしかいなかったから、特殊メイクをするのかな? とか思ったんですけど、『このままで』と言っていただいて」と驚いたことを明かした。また監督が低姿勢で話をするので、自分もどんどん下になり、「2人とも地面に顔がついちゃうんじゃないかな、くらいで」と撮影を回想。ペンギンを演じるにあたって意識したことを聞かれると「とにかく冷やす。冷やす」と話し、会場を笑わせた。

 永瀬は窪田のペンギン役について「人類越えてますからね。鳥類。世界で2、3人しかいないんじゃないですかね、鳥類演じられる役者さん」と絶賛。「どんどんペンギンにしか見えなくなっちゃってましたね」と窪田のペンギン役を褒めちぎった。

 商業映画への出演は、本作で初めてだという小西。永瀬と窪田との共演は緊張したと話し、「やさしくて、最初からフランクに話しかけてくださったので、緊張をほぐしてくださって。おふたりがお相手で本当に心からよかったなと思ってます」と笑顔を見せた。

 小西の印象を窪田は「まっすぐさでは誰にも負けないんじゃないかな」と切り出し「キャリアを積めば積むほど失われていくものもあるし、初々しさ、まっすぐさっていうのがだんだん欠落してしまう部分がやっぱりあって」とコメント。「何者でもない透明な桜子ちゃんの心が、そのまま役に浸透していったので、それを真正面で受けたときに『あ、汚れた』『汚れてるのか、ダメだ俺』って感じになったくらい、まっすぐなピュアさに救われました」と話し、笑いを誘っていた。

 映画『ファンシー』は2020年2月7日より全国順次公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access