クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

浜辺美波×北村匠海の切なすぎるキス『ふりふら』予告解禁 ヒゲダンの名曲が主題歌に

映画

  • twitter
  • facebook
映画『思い、思われ、ふり、ふられ』メインビジュアル
映画『思い、思われ、ふり、ふられ』メインビジュアル(C)2020 映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社

関連 :

浜辺美波

北村匠海

福本莉子

赤楚衛二

Official髭男dism

咲坂伊緒

三木孝浩

 女優の浜辺美波と福本莉子がダブルヒロインを務め、俳優の北村匠海、赤楚衛二が共演する映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の実写版より、予告編が解禁。併せて、本作の主題歌がOfficial髭男dismの楽曲「115万キロのフィルム」に決定したことも発表された。

【写真】映画『思い、思われ、ふり、ふられ』主題歌を担当するOfficial髭男dism

 2014年に『アオハライド』が実写映画化&テレビアニメ化、2015年には『ストロボ・エッジ』が実写映画化され、ティーンを中心に社会現象となり、日本中をときめかせた人気少女漫画家・咲坂伊緒。本作は、そんな咲坂による青春三部作の最終章で、累計発行部数500万部を突破した同名少女漫画による、アニメーション&実写での連動ダブル映画化プロジェクト。4人の高校生の男女の切なくすれ違う恋模様を描く青春ラブストーリーで、恋愛映画の名匠・三木孝浩が、映画『アオハライド』以来となる咲坂作品でメガホンを取る。

 予告編は、自分の気持ちを表すのが苦手で現実的な恋をする朱里(浜辺)、そんな彼女に気持ちを伝えられないまま家族となり、叶わない恋にとらわれる理央(北村)、理央の気持ちを知りながら彼に惹かれ、初めての恋に戸惑う由奈(福本)、まだ恋を知らない和臣(赤楚)、という4人の切なくすれ違う恋模様が瑞々しく描かれたもの。その中には、「姉弟」と笑い飛ばそうとする朱里に、理央が隠していた想いをぶつける切ないキスシーンも含まれている。

 そんな4人のすれちがう“片思い”にやさしく寄り添うように流れるのは、Official髭男dismの楽曲「115万キロのフィルム」。三木監督からの「ごく普通の高校生の男女四人の日々の心の揺らめきを切り取ってゆく『ふりふら』のテーマとこれほど合致する曲は他にない」という熱心なオファーにより、同曲が主題歌に決定した。その想いに応えて楽曲を提供したOfficial髭男dismは「この主人公たちの日々、それをご覧になる皆さんの日々に、もしこの歌が寄り添えたなら、バンドとしてとっても幸せ」とコメントを寄せている。

 「115万キロのフィルム」が主題歌になったことついて、浜辺は「主題歌が何になったのかを知らずに、この映画の初号試写会に臨んだのですが、エンドロールに入って、Official髭男dismさんの『115万キロのフィルム』が流れてきた時、この映画のために作られたのでは!?と思ってしまうくらい、ぴったりで。歌詞と音楽を聴けば聴くほど、映画の登場人物の気持ちと話とリンクして、心の中に染みこんできて広がりました。こんなに素敵で、映画を更に素敵にしてくれる曲が主題歌になったことを心から嬉しく思います」と絶賛。

 北村も「まさか『115万キロのフィルム』が映画の最後を締めくくってくれるとは思ってもいませんでした。完成した映像のエンドロールで初めて知って、こんなにもこの作品に浸らせてくれるピッタリの曲は他に絶対ありません。もう一度泣かせてくれる素敵な一曲です」と太鼓判を押している。

 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』は、アニメ版が近日公開、実写版が8月14日より全国公開。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』本予告映像

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv