クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

中山優馬、『連続ドラマW トッカイ』出演決定 伊藤英明と不良債権の回収に奮闘

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~』への出演が決定した中山優馬
『連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~』への出演が決定した中山優馬(C)WOWOW

関連 :

伊藤英明

中山優馬

 俳優の伊藤英明が主演を務める『連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~』(WOWOWプライム/2021年初頭より放送)に、俳優の中山優馬が出演することが発表された。“トッカイ”の最若手として不良債権回収に奮闘する重要な役どころで、伊藤とは初共演となる。

【写真】『連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~』主演の伊藤英明

 本作は、バブル経済崩壊後の1996年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権取り立てを目的とした国策会社「住宅金融債権管理機構(のちの整理回収機構)」の精鋭「不良債権特別回収部(通称トッカイ)」の奮闘を描く、全12話の本格社会派ドラマ。『連続ドラマW しんがり~山一證券 最後の聖戦~』『連続ドラマW 石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~』に続く、ノンフィクション作家・清武英利の著書の映像化第3弾となる。監督は映画『空母いぶき』『Fukushima 50』などを手掛けた若松節朗。脚本は『しんがり』『石つぶて』の戸田山雅司が手掛ける。

 中山が演じるのは、“トッカイ”チームの最若手で住専出身の葉山将人役。葉山は、チームのリーダー・柴崎朗(伊藤)と共に不良債権の回収に奮闘。銀行からの出向組である柴崎とはしばしばぶつかることもあるが、次第にチームを引っ張る柴崎の姿に尊敬の念を抱いていく。すさまじい熱量をもって臨む中山と伊藤との演技のぶつかり合いが見どころとなる。

 中山の連続ドラマWへの出演は、2017年に初主演を務め、バンフ・ワールド・メディア・フェスティバルでロッキー賞のDrama Series: Non‐English Language部門を受賞した『連続ドラマW 北斗 ‐ある殺人者の回心』以来となる。

 中山は「台本を読んで、改めて本当に信じられない事が、今、僕たちが生きている日本で起きていたんだと理解しました」とした上、「葉山将人は大阪の出身です。僕自身も大阪の出身なので、文化、言葉、血を滾(たぎ)らせて精一杯演じさせて頂ければと思います」と意気込む。

 また、初共演となる伊藤については、「小学生の頃母と伊藤さんの映画を見に行き、その後母に懇願して、計4回その作品を映画館で見ました。憧れる方の一人です」と語っている。

 『連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~』は、WOWOWプライムにて2021年初頭より放送。全12話(第1話無料放送)。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access