クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

上野樹里主演『監察医 朝顔』11月2日スタート 柄本明が第1シーズンに続き出演

エンタメ

  • twitter
  • facebook
月9ドラマ『監察医 朝顔』第2シーズンに出演する柄本明
月9ドラマ『監察医 朝顔』第2シーズンに出演する柄本明(C)フジテレビ

関連 :

上野樹里

柄本明

 女優の上野樹里が主演を務め、法医学者と刑事という異色の父娘を描く月9ドラマ『監察医 朝顔』第2シーズン(フジテレビ系)の放送が11月2日よりスタートすることが決定。合わせて、第1シーズンに続き俳優の柄本明がレギュラー出演することも発表された。

【写真】上野樹里、“娘”つぐみ役の加藤柚凪ちゃんにメロメロ 前作『監察医 朝顔』会見の様子

 2019年7月期に放送された第1シーズンでは、東日本大震災により母が行方不明となった経験を持つ法医学者・万木朝顔(上野)が、父のベテラン刑事・万木平(時任三郎)や夫の桑原真也(風間俊介)とともに、懸命に遺体と向き合う姿を描いた。

 第2シーズンは、月9ドラマとしては33年の歴史の中で初めての2クール連続放送となり、第1シーズンよりも多様な事故や事件を扱っていく。当初、2020年夏&秋を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で、2020年秋&2021年冬に変更。東日本大震災を背景に描いた本作が、震災から10年の節目となる来年まで放送されることになる。

 本作で柄本が演じるのは朝顔の母・里子(石田ひかり)の父である嶋田浩之。もともと陽気な性格ではないものの、東日本大震災以来、人が変わってしまったかのように寡黙になる時も。第1シーズンでは、里子の遺体を探しに来る平に冷たく当たっていた浩之だが、後半からは平の思いを受け入れ、自身も里子の遺体を探すように。孫の朝顔とはよく電話をするなど仲が良く、第1シーズンの最後にひ孫のつぐみ(加藤柚凪)に初めて会ってからは、目に入れても痛くないほど、つぐみをかわいがっている。

 第1シーズンのラストで、朝顔、平、桑原、つぐみが浩之の家を初めて訪れた時、「なんでここに里子がいないんだ」と浩之が慟哭(どうこく)するシーンは、多くの視聴者の涙を誘った。第2シーズンでは、浩之はより物語のキーマンになるという。

 柄本が2クール連続放送のテレビドラマに出演するのは、連続テレビ小説『やんちゃくれ』(NHK/1998年10月~1999年4月)以来、実に22年ぶり。第1シーズンに続いて本作に出演することについて、柄本は「また孫たちに会えることを、とてもうれしく思います」と語っている。

 月9ドラマ『監察医 朝顔』第2シーズンは、フジテレビ系にて11月2日より毎週月曜21時放送。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv