クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ISから息子を救出した家族の奇跡の実話『ある人質 生還までの398日』公開決定&ポスター解禁

映画

映画『ある人質 生還までの398日』ポスタービジュアル

映画『ある人質 生還までの398日』ポスタービジュアル(C)TOOLBOX FILM / FILM I VAST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019

 IS(イスラム国)の人質となった息子を救出した家族の実話を映画化した『ある人質 生還までの398日』が、2021年2月19日より公開されることが決定。日本版ポスタービジュアルが解禁された。

【写真】映画『ある人質 生還までの398日』メインビジュアル

 原作は、ジャーナリストのプク・ダムスゴーが、2013年から2014年、398日間にわたってIS(イスラム国)の人質となり、奇跡的に生還したデンマーク人写真家ダニエル・リューについて書き上げた「ISの人質 13カ月の拘束、そして生還」(光文社新書刊)。

 本作は、この若き写真家が体験した地獄と、彼を救出するという不可能に挑んだ家族の398日間を追った衝撃の実話を映画化したドラマ。息子の救出を決して諦めず奔走する家族の姿が感動的かつスリリングに描かれるほか、知られざる人質救出の専門家の活躍ぶりも描かれている。

 主演は、2017年ベルリン国際映画祭シューティング・スター賞を受賞したデンマークを代表する実力派俳優エスベン・スメド。監督は映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のニールス・アルデン・オプレヴ。共同監督は『幸せになるためのイタリア語講座』などに出演し、本作にも出演している俳優のアナス・W・ベアテルセン。脚本は『ダークタワー』のアナス・トマス・イェンセンが担当し、主人公の過酷な体験を、緊張感あふれる演出と圧倒的なリアリティで描きだす。

 怪我のために体操選手の道を断念したダニエルは、ずっと夢だった写真家に転身。戦争の中の日常を撮影するため、シリアの非戦闘地域を訪れた。だが現地の情勢が変わり、ダニエルはISに誘拐され拷問を受ける。家族は巨額の身代金を用意するために奔走するが、犯人側は容赦なく追い討ちをかけ、過大な要求を突きつけてくる。

 日本版ポスタービジュアルは、オレンジ色の囚人服姿で必死の形相を浮かべるダニエルと、その背後に銃をかまえるIS戦闘員の不気味な姿を配置したもの。横には「生きていて!」という家族の切なる願いを代弁するコピーが添えられている。

 映画『ある人質 生還までの398日』は2021年2月19日より公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access