クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

山崎賢人主演『夏への扉』、LiSAが実写映画初主題歌 楽曲入り予告&ポスター解禁

映画

映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』ポスタービジュアル

映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』ポスタービジュアル(C)2021 映画「夏への扉」製作委員会

関連 :

山崎賢人

清原果耶

藤木直人

LiSA

三木孝浩

 俳優の山崎賢人が主演を務める映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』の主題歌が、歌手のLiSAの書き下ろし楽曲「サプライズ」に決定した。LiSAにとって、実写映画の主題歌を手掛けるのは本作が初。併せて、同楽曲を収めた本予告映像と本ポスターが解禁された。

【動画】LiSAの主題歌入り映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』本予告編

 1956年に米国で発表され、ハリウッドSF映画にも多大な影響を与えたロバート・A・ハインラインのタイムトラベル小説『夏への扉』を実写化する本作は、舞台を日本に再構築し、1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われた科学者が未来を取り戻す冒険物語を描く。

 主演の山崎が演じるのは、孤独な科学者・高倉宗一郎。共演は、宗一郎が家族のように大切に想う恩人の娘・璃子役に清原果耶、30年後に目覚めた宗一郎に力を貸す人間にそっくりなロボット役に藤木直人。そのほか、夏菜、眞島秀和、浜野謙太、田口トモロヲ、高梨臨、原田泰造ら多彩なキャストが脇を固める。メガホンをとるのは、『フォルトゥナの瞳』などの三木孝浩監督。

 1995年、東京。将来を期待される科学者の高倉宗一郎は、亡き養父である松下の会社で研究に没頭していた。ずっと孤独だった宗一郎は、自分を慕ってくれる松下の娘・璃子と愛猫ピートを、家族のように大切に思っていた。しかし、研究の完成を目前に控えながら、宗一郎は罠にはめられ冷凍睡眠させられてしまう。目を覚ますと、そこは30年後の2025年の東京だった―。研究もピートもすべて失い、璃子が謎の死を遂げていたことを知り愕然とする宗一郎だったが、人間そっくりなロボットの力を借り、未来を変えるために動き出す。璃子を絶対救うという、信念とともに。

 本予告編は、宗一郎(山崎)、璃子(清原)、そして冬が嫌いで「夏への扉」を探すため家中の扉を開ける飼い猫ピートが登場し、幸せそうに過ごすシーンからスタート。しかしそんな穏やかな様子から一変、宗一郎は何者かに罠にはめられ、冷凍睡眠させられてしまう。宗一郎が目を覚ますとそこは、30年後の世界。研究の成果が奪われ、璃子も失ってしまった絶望の世界に嘆き悲しんでいた宗一郎だが、「誰かが俺になりすましているとしか考えられないよ。わからないままにはしておけない。扉を探す」と決意。ロボット(藤木)の力を借りながら、璃子を救うために動いていく姿が映し出されている。

 本ポスターは、1995年と2025年、それぞれの時代で生きる宗一郎の顔を並べたデザイン。片方は優しげ、もう片方はまっすぐ前を見つめる2つの表情は、未来を明るいものにしようと動く宗一郎の行動を予感させるものとなっている。

 そして今回、本作の主題歌がLiSAの書き下ろし楽曲「サプライズ」であることも発表。同曲は、本予告映像にも流れる「どんなに眩しい願いも越えてく キミのサプライズが 夏の光が胸を焦がすように 大丈夫だと扉を開く キミとまだみたいミライ」という歌詞のように、未来を取り戻すために30年の時を超えて奔走する宗一郎の背中を押すような力強い楽曲となっている。

 本作を観て歌詞を書き下ろしたというLiSAは「時を越えて、世界中で愛されてきた小説が映画化されるという機会に、主題歌を担当させていただけることを嬉しく思います。予期せぬ今日に臆病になったり、それでもやっぱり未来を信じたくなったり。そばにあるものの大切さと尊さを感じることができる私たちの心に、予想を超えて寄り添える“サプライズ”のような歌になればと願います」とコメントを寄せている。

 映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』は2021年2月19日より全国公開。

映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』主題歌入り予告編

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access