クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『ONE PIECE』連載1000話到達で「最終章に片足」 全世界に向けキャラ人気投票も開催

コミック

  • twitter
  • facebook
「第1回 ONE PIECEキャラクター世界人気投票」ビジュアル
「第1回 ONE PIECEキャラクター世界人気投票」ビジュアル(C)尾田栄一郎/集英社

 漫画『ONE PIECE』が、1月4日発売の「週刊少年ジャンプ」5・6合併号にて連載1000話を迎えることを記念し、「ONE PIECE 1000 LOGS」キャンペーンと題したさまざまな企画が同日より順次スタートすることが発表された。併せて原作者の尾田栄一郎より1000話を振り返るコメントも公開された。

【写真】尾田栄一郎が作品を振り返る&最終章の話も 『ONE PIECE』1000話突破コメント

 2020年4月3日発売の96巻で、全世界でのコミックス累計発行部数4億7000万部を突破(日本国内の累計発行部数は3億9000万部以上)。最も多く発行された単一作者によるコミックシリーズとしてギネス世界記録にも認定されている本作。1000話到達を記念して実施される「ONE PIECE 1000 LOGS」キャンペーンでは、メインの大きな企画として、全世界の読者を対象に総勢1000超のキャラクターの人気投票を実施する「第1回 ONE PIECEキャラクター世界人気投票」が特設サイトにて開催中だ(2月28日まで)。

 本企画を世界に向けて発信するため、アメリカの新聞「The New York Times」に、これまでの冒険の歴史を感じさせる1000話の扉イラストと特設サイトでの人気投票を呼びかける一面広告を掲出。さらにPR映像として「WORLD TOP 100(WT100)記念PV」と「ONE PIECE 1000 LOGS ティザームービー」をYouTubeにて公開中。そのほか、集英社発行の雑誌やWEBメディアとのコラボをはじめとした各企画を実施中。詳細は、キャンペーン特設サイトにて順次発表していく。

 原作者の尾田栄一郎は、今回の1000話到達について「やーもー色んな事がありすぎた23年でした。僕の人生の半分が週刊連載。笑」と振り返り、「ルフィ達もいくつもの島へ航海し、いくつもの冒険をしてきました。出会った人達の数はもうわからない! その裏で僕も、たくさんの人達に出会い、家族を始め数えきれない人達によって支えられてきました。色んな人達に頭があがりません」と感謝を述べた。

 続けて「読者にも忙しい人生があり、『読者は5年で入れ代わるもの』それが長期エンタメのセオリーです。だから僕は読者をあまりファンと呼ばないようにしてきました。いつか去っていく人達だと自分に言い聞かせてたからです。『おごるな』と。なのにその考えが恥ずかしくなるほどに、皆さんがルフィを信じてくれるから、僕も皆さんを信じて好き勝手に漫画を描いてこれました」と明かす。

 最後に「冒険はここへ来て、最終章に片足をつっこんでます。1000話もやってしまった。だけど、1000話やったからこそできる、面白すぎるストーリーがあるのです! あるのですよ! なんやかんやで今ご縁のある世界中のONE PIECEファンの皆様! 長いお話になりましたが、もう少しの間、ルフィ達の冒険をどうか見守ってやってください!」とメッセージを寄せている。

 「週刊少年ジャンプ」5・6合併号は1月4日発売。『ONE PIECE』1000話突破記念キャンペーン「ONE PIECE 1000 LOGS」は現在実施中。

『ONE PIECE』The 1st Global ONE PIECE Character Popularity Contest ‐ Special PV【WT100】
『ONE PIECE』連載1000話 突破記念ティザーPV

この記事の写真を見る


関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access