クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

桐山漣×小西桜子で『ラブファントム』実写ドラマ化 極甘キス満載の溺愛ラブストーリー

エンタメ

  • twitter
  • facebook
ドラマ特区『ラブファントム』より主演・桐山漣、ヒロイン・小西桜子
ドラマ特区『ラブファントム』より主演・桐山漣、ヒロイン・小西桜子(C)みつきかこ・小学館/「ラブファントム」製作委員会・MBS 2021

関連 :

桐山漣

小西桜子

 累計300万部突破(電子版含む)のみつきかこによる人気漫画『ラブファントム』(小学館「プチコミック」連載)が、俳優の桐山漣主演で実写ドラマ化されることがわかった。ヒロインは、女優の小西桜子が務める。

【写真】『ラブファントム』長谷慧役を務める桐山漣、平沢百々子役の小西桜子

 本作は、「怪人」と呼ばれるほど優秀で容姿端麗、冷静でスマートな行動をとるエリートホテルマン⾧谷慧(38歳)と、不器用だが裏表のない“癒やし系”ピュアなホテルカフェ店員の平沢百々子(22歳)の、キスから始まる“秘密の恋”を描いたラブストーリー。⾧谷慧役を桐山、平沢百々子役を小西が演じる。

 ホテルカフェ店員の平沢百々子は、ある夜ホテルの空中展望台で見知らぬ男と出会う。吸い寄せられるようにキスを繰り返すふたり。恋愛経験ゼロのはずなのに、その男を何度も求めてしまう百々子。ほどなくして彼が同じホテル勤務の“完璧”すぎるほどのエリートホテルマン⾧谷慧だと知る。その夜のキスが忘れられない百々子だったが、何もなかったようにクールで冷たい態度の⾧谷に戸惑う百々子。あのキスは夢か、幻だったのか。大人の男との極上に甘く刺激的な恋が、今、始まる。

 桐山は役どころについて「⾧谷は隙がなく仕事も完璧にこなす、年齢不詳なホテルマンです。自分はゆったりした性格なので隙もたくさんありますし、自分とは真逆な印象でした。共感できるのは仕事人間なところ、僕も仕事は休むことなくずっとしていたい人なのでそこは寝れなかったり忙しかったりしても100以上を出そうとするマインドはとても共感できました」と話す。

 小西は「このドラマに出演が決まった時は、原作の甘い世界観に飛び込むことにドキドキしましたが、私が演じる百々子が⾧谷さんと出会い、人を真っ直ぐに好きになって成⾧していく姿はとても魅力的で、純粋でチャーミングな百々子を楽しく演じさせていただきました」としている。

 原作者のみつきは「なんとドラマ化です。大変驚きました。映像となり音や色、動くキャラたちに演者さんの魅力が相まって、漫画よりパワーアップした甘々さに悶えてどうにかなりそうでした笑 漫画を応援してくださっている方も、新しく触れてくださる方にも楽しんでもらえると嬉しいです」とコメントを寄せている。

 ドラマ特区『ラブファントム』は、今春、MBS、テレビ神奈川、チバテレ、テレ玉、とちテレ、群馬テレビほかにて放送。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv