クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

【バイプレイヤーズ百名鑑】寺島しのぶ「普段の私を知るママ友に早く感想を聞きたいです」

ドラマ

『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクトに出演する寺島しのぶ

『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクトに出演する寺島しのぶ(C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会/(C)2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会

 日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』(2021年春公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

【写真】『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』に出演する寺島しのぶ

◆File No.025 寺島しのぶ

 都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。第3話で寺島は医療ドラマ『ドクターZ・5』に出演する、ベルリン映画祭を制した日本屈指の演技派で、テレビドラマに滅多に出ない女優“寺島しのぶ”を演じた。

 『バイプレイヤーズ』には前作に続いての出演。「一回目に呼んでいただいた時、大杉漣さんはじめとするおじさま達とお芝居したのが本当に楽しかったので、今回も呼んでいただけて嬉しかったです」と話す寺島。撮影現場は「本当にくだらないことを監督始め皆さんが真剣に考えてやっているので、それに応えたい!と私も楽しんでできました」と充実していた様子。

 本人役を演じることについては「寺島しのぶはこんな感じなのかぁとどんどんエスカレートしていきました」と振り返り、「普段の私を知るママ友さんに早く感想を聞きたいです」と笑顔を見せる。本作の魅力を尋ねると「みんな真剣。バイプレイヤーズの皆さんに尽きると思います」と明かし、「一回目の時は大杉漣さんがリーダーで皆さん輪になってセリフ合わせしていて。幸せな時間でした」と思い出を明かしてくれた。

★寺島しのぶ/1972年12月28日京都市生まれ。父・尾上菊五郎、母・富司純子、弟・尾上菊之助という名優ぞろいの一家で育つ。1992年に文学座に入団。その後、映画、舞台、ドラマと幅広く活躍する。2003年の映画『赤目四十八瀧心中未遂』で第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞など映画賞を総なめにしたほか、2010年には映画『キャタピラー』の演技で日本人として35年ぶりにベルリン国際映画祭の最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞、2017年には映画『オー・ルーシー!』でインディペンデント・スピリット賞主演女優賞にノミネートなど、国際的な評価も高い。

●『バイプレイヤーズ』第3話プレイバック

 バイプレウッドの8スタでは、8チャンが観月ありさ主演の医療ドラマ『ドクターZ・5』の撮影を行っていた。海外ドラマのような過激なテイストが話題で、視聴率も好調だったのだが、“コンプライアンス”違反を指摘する視聴者からの手紙が引き金となり、過剰な役柄の滝藤賢一は降板させられる事態に! 働き方改革や、ハラスメント防止で撮り直しやキャスト同士の衝突も発生…過剰なコンプライアンスが起こす騒動の行方は!?

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access