クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

【バイプレイヤーズ百名鑑】小木茂光「戸惑いと期待で座り心地の悪い感じが正直なところ」

ドラマ

『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクトに出演する小木茂光

『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクトに出演する小木茂光 (C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会/(C)2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会

 日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』(4月9日公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

【写真】『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』に出演する小木茂光

◆File No.061 小木茂光

 都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。第8話で小木は、バイプレウッドで起こった朝ドラヒロイン降板騒動に巻き込まれる、「ソイヤ!」の掛け声でおなじみ一世風靡セピアの元リーダーで、渋い演技が光る名バイプレ“小木茂光”役を演じた。

 「大変、光栄な事で有り難いと思いました」と初出演について語る小木。本人役での撮影は「劇中の役柄が設定されている中、役名が小木茂光ですので、どうなるものか戸惑い半分期待感半分な座り心地の悪い感じが正直なところでした」と明かし、「考え込むと様々な制限をかけてしまいそうなので、ここは無の境地で『こんな小木茂光』も有りかと自分で納得させましたね」と振り返る。

 初体験の『バイプレイヤーズ』の世界に「様々な表現方法の異なった個が集まり、ちょっと自由に遊べるお芝居をする事で新たな発見や違った未来が見えて来るような気がしますね」との感想を寄せている。

★小木茂光/1961年11月28日福井県出身。1984年~1989年に一世風靡セピアのリーダーとして活動。グループ解散後は役者へ転向し、『親愛なる者へ』『ひとつ屋根の下』『この世の果て』(いずれもフジテレビ系)、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』での斎藤利三役、映画『無頼』などさまざまな作品で存在感を発揮。

●『バイプレイヤーズ』第8話プレイバック

 バイプレウッドに激震! 朝ドラ『べじたぶる』のヒロインが降板…。そのニュースを聞きつけた民放各局の女優たちは、自分に声が掛かるかもしれないと色めき立っていた。そんな時、尾美としのりが吉田羊、芳根京子、本田望結、富田望生と次の朝ドラヒロインが誰なのかを予言し始める。しかし、この予言がきっかけで4人は、ヒロインをめぐる熾烈な戦いを繰り広げることに! ヒロインの座は一体誰の手に!?

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv