クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『呪術廻戦』最終話&劇場版『0』に視聴者熱狂 “野薔薇様”にも反響

アニメ

  • twitter
  • facebook
テレビアニメ『呪術廻戦』第24話(最終話)場面写真
テレビアニメ『呪術廻戦』第24話(最終話)場面写真(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

 テレビアニメ『呪術廻戦』(MBS・TBS系ほか)第24話が3月26日深夜に放送された。最終話となる第24話では、虎杖悠仁と釘崎野薔薇が呪物から受肉した特級相当の敵2体と対決。2人の息の合ったコンビネーションをはじめ、SNSではこれまでの放送を絶賛する視聴者の声が相次いだ(以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)。

【写真】最終話も神作画 TVアニメ『呪術廻戦』第24話場面写真

 壊相と血塗、それぞれの血を浴びた虎杖と釘崎の体は、術式によって腐食、分解が始まる。死までのタイムリミットはせいぜい10~15分程度。絶体絶命かと思われたが、釘崎が浴びた血を利用した呪法“共鳴り”を発動し、敵を弱らせる。直後、毒に耐性を持つ虎杖の猛攻で血塗は瀕死に。助けに入ろうとした壊相も、釘崎とポジションをスイッチした虎杖との戦闘で術式を解いてしまい、大きなダメージを追う。

 その後、血塗は釘崎にとどめを刺され、壊相も逃走中に虎杖に殺される。2人の息の合ったコンビネーションを描いたアクションシーンは劇場アニメと見紛うほどの作画と演出で、SNSでは「作画神がかってる」「MAPPAさんに作画崩壊という言葉はない」など多くの視聴者が沸き立った。

 とりわけ話題をさらったのは、敵に対して徹頭徹尾容赦のない釘崎の表情やセリフ。“共鳴り”を発動し「我慢比べしよっかぁ」と挑発するシーンや、絶命した血塗に「心配しなくても、すぐに兄貴も送ってやるわ」と見下ろすシーンは、SNSでファンアートを投稿する在野の絵師が続出。ツイッターでは“野薔薇様”というワードもトレンド入りした。

 最後は虎杖、伏黒、釘崎の3人が新たな任務のため五条悟に招聘され、続編に期待できる形で本編が終了。“呪術廻戦ロス”に陥りながらも「最後まで最高でした」「制作陣にありがとうと言いたい」といった感謝の声が寄せられるなか、劇場版『呪術廻戦 0』の公開が発表された。コミックス0巻『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』を原作に、乙骨憂太が主人公として登場する。SNSは歓喜に包まれ、ツイッターのアニメ公式アカウントでも同ニュースがツイートされると、わずか1分でリツイートは1.5万、「いいね」は2万を超えた。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv