クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

コン・ユがパク・ボゴムを守るため銃を構える!『SEOBOK/ソボク』逃避行を捉えた場面写真

映画

  • twitter
  • facebook
映画『SEOBOK/ソボク』メイン写真
映画『SEOBOK/ソボク』メイン写真(C)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED

関連 :

コン・ユ

パク・ボゴム

チョ・ウジン

 映画『SEOBOK/ソボク』より、コン・ユ演じる元情報局員ギホンと、パク・ボゴム演じる人類初の不死のクローン・ソボクの逃避行を写し出す場面写真が解禁された。

【写真】余命わずかな男と不死のクローン 2人の逃避行を捉えた『SEOBOK/ソボク』場面写真

 本作は、死ぬことのない人類初のクローン・ソボクと、唯一彼に人として接し守り続ける余命わずかな元情報局員を軸に、永遠の命を巡る壮絶な戦いを描くSFエンタテインメント。本国では今年最大の話題作として注目を浴び、初登場ナンバーワンを記録した。

 死を目の前にした元情報局員ギホンを演じるのは、『新感染 ファイナル・エクスプレス』『82年生まれ、キム・ジヨン』などに出演したコン・ユ。死ぬことのない永遠という時間の中に閉じ込められた人類初のクローン・ソボク役にはパク・ボゴム。監督は『建築学概論』のイ・ヨンジュが務める。
 
 余命宣告を受け、ソボクを護衛し極秘に移動させるという生涯最後の任務を引き受けたギホンが、ソボクを狙うさまざまな勢力に追われ、予期せぬ状況に巻き込まれていく本作。

 場面写真では、ギホンが何者かに拳銃を向けソボクを守ろうとするシーンが切り取られており、これまでさまざまな“頼れる男”を演じてきたコン・ユが、本作ではどんな頼もしい姿を見せてくれるのか、期待が高まる1枚となっている。

 また、研究所に閉じ込められてきたソボクが初めて外の世界に出て、逃避行の最中で2人が徐々に心を通わせていく様子も。さらに、ベテラン俳優チョ・ウジンが演じる、目的のためなら手段を選ばない情報局要員アン部長の姿も写されている。

 監督のイ・ヨンジュは、本作で「両極端な状況に置かれた2人の男が険しい旅路で人間の宿命ともいえる死の恐怖を克服し、人生と向き合う過程を描きたかった」と語っている。

 映画『SEOBOK/ソボク』は7月16日より全国公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv