クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

生駒里奈が中学教師役に 思春期の少年少女と大人たちの葛藤を描く『光を追いかけて』10.1公開決定&予告解禁

映画

映画『光を追いかけて』

映画『光を追いかけて』(C)2021「光を追いかけて」製作委員会

関連 :

中川翼

生駒里奈

柳葉敏郎

中島セナ

駿河太郎

小野塚勇人

 俳優の中川翼が主演、長澤樹がヒロインを務め、生駒里奈や柳葉敏郎が共演する映画『光を追いかけて』が、10月1日より公開されることが決定。美しい田園風景と俳優陣の熱演を捉えた予告編とポスターが解禁された。

【動画】思春期の少年少女と大人たちの葛藤を描く 映画『光を追いかけて』予告編

 本作は、過疎化の進む秋田の田園を背景に、傷つきやすい思春期にいる少年少女と大人達の葛藤と再生を描くヒューマンドラマ。

 両親の離婚で父の故郷秋田へと引っ越した中学三年生の彰は、転校先にも馴染めず、憂鬱な日々が続く。そんなある日、彰は空に浮かぶ“緑の光”を目撃。田んぼのミステリーサークルへと辿り着くと、不登校のクラスメート・真希と出会う。共通の秘密を持った2人の距離は近づき、灰色だった日常が輝き始める。一方で彰たちの中学には、過疎化による閉校の日が迫る。おとなたちも揺れ動く中、 “緑の光”は、彰たちに何を伝え導こうとしているのか。

 中川は、美しい少女と出会い成長していく主人公の中島彰を演じる。彰にだけ心を開く不登校のヒロイン・岡本真希にふんするのは若手女優の長澤。秋田出身の生駒が廃校となる中学校の教師・奈良美晴役、同じく秋田出身の柳葉が真希の叔父・佐藤秀雄役を務める。そのほか、彰と真希の同級生役に中島セナ、彰の父親役に駿河太郎、中学校の教師役に小野塚勇人。監督と共同脚本は、CMディレクターとして600本もの作品を手掛けた秋田出身の成田洋一が担当する。主題歌は湯木慧の「心解く」。

 予告編は、「地球なんて、隕石が落ちて無くなってしまえばいいのに」という彰のセリフからスタート。続いて、光を失った町に引っ越してきて“大人になることを強いられる”彰と、“大人になることを拒否する”真希、閉校を哀しむ生徒たち、そうした子供たちの不安が、彰の父や真希の叔父・秀雄、学校の教師・美晴ら大人たちへも伝播し、それぞれ葛藤する様子が映し出されている。果たして、光を追いかけて走る彰と真希が立ち向かう運命、そして米農家としての将来を憂う秀雄ら大人の選択とは。

 ポスタービジュアルは、彰と真希をメインに、それぞれ想いを秘めた表情を浮かべる登場人物のアップ写真を配置したもの。横には「光を望むな」「光となれ」という印象的なコピーが添えられている。

 本作について、主演の中川は「完成した映像を見た時、どこかにあった不安な気持ちがすっと消えていきました。きっと僕にとって、人生のターニングポイントになる映画だと思います。自分の居場所を探していた彰も、人見知りだった僕も、この映画が変えてくれました。一面に広がる大自然に注目して、見てみてください」とコメント。

 真希役の岡本は「真希は台風みたいな子で自分とは全然違うと思っていました。でも撮影が始まり、真希に寄り添ってみるとそんなことはなくて。共感できる部分が沢山あり、それが段々と増えていく事が楽しくてあっという間でした。この作品が皆さんの希望の光になりますように」と語る。

 美晴役の生駒は「この作品は秋田そして田舎のリアルを細かく美しく映し出された作品です。主演の皆さんの10代の心の痛みや、私が演じた若者の葛藤、親世代、祖父母世代の気持ちを成田監督が素晴らしい映像で切り取っています」。秀雄役の柳葉は「大人が変わらなければ子どもも変われない。この作品を通して、秋田県民のみならず、人生に一歩踏み出す勇気を持つことの大切さに気づいてほしい」とメッセージを寄せている。

 映画『光を追いかけて』は10月1日より全国順次公開。

生駒里奈が中学教師役に 思春期の少年少女と大人たちの葛藤を描く 映画『光を追いかけて』予告編

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv