クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『ラジエーションハウスII』“辻村”鈴木伸之、“杏”本田翼をバックハグ! 視聴者「きた〜!」

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』第7場面写真
ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』第7場面写真(C)フジテレビ

関連 :

鈴木伸之

本田翼

窪田正孝

 俳優の窪田正孝が主演を務めるドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第7話が15日に放送され、鈴木伸之扮する医師の辻村駿太郎が、本田翼演じるヒロインの甘春杏をバックハグするシーンに、ネット上には「バックハグきた〜!」「辻村先生大胆」といった声が相次いだ。

【写真】間が悪い“唯織”窪田正孝 『ラジエーションハウスII』第7話より

 五十嵐唯織(窪田)のもとへ、杏の父・正一(佐戸井けん太)が突然訪ねてくる。唯織に1枚の画像を見せる正一。そこには、かなり進行し外科手術も不可能なすい臓がんが映し出されていた。

 病院のロビーで久々に再会する正一と杏。2人は和やかに互いの近況を報告し合っていたが、正一は自身がすい臓がんを患っていることを告白する。さらに正一はがんが進行していることから積極的に治療を受けず、最期まで医師としての仕事を全うしたいと強く語る。

 父の告白と決意を受け入れられない杏は、正一を説得して甘春総合病院でもう1度検査を受けさせる。しかし無情にも、正一の肉体は進行したすい臓がんに蝕まれていた。

 自ら父の身体を検査した杏は悲しみに暮れ、同僚の辻村に「このまま父が亡くなるのを待つだけなんて…」とつぶやく。辻村はそんな杏を後ろから抱きしめ「すぐに受け入れられなくて当然だよ…たった1人の大切なお父さんなんだから…」と優しい言葉で慰める。

 かねてから杏に思いを寄せていた辻村の行動に、ネット上には「バックハグきた〜!」「抱きしめたっ!!!」「あ!!! ちょ!!!!」「辻村先生大胆だな」など興奮気味のコメントが続出。しかし辻村が杏を後ろから抱きしめる姿を、偶然近くを通った唯織が目撃。初恋の人・杏が抱きしめられる姿を見てしまった唯織の動揺する表情に、ネット上には「タイミングよwww」「出てくるタイミングw」「いおり君動揺…」といった声も寄せられた。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv