クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

【レビュー】予測不能な物語の先にあるものとは… 『唄う六人の女』が描く真のテーマに迫る <PR>

映画

 短編ドラマながらカルト的な人気を呼び、劇場版まで製作された『オー!マイキー』で注目された石橋義正が、『ミクロクローゼ』でタッグを組んだ山田孝之と共に約10年ぶりの新作映画を発表。長年温めてきた本企画で、監督・脚本・編集を兼任したのが、映画『唄う六人の女』である。車の事故をきっかけに、“異界”とも呼ぶべき山深い森に迷い込んだふたりの男が、物言わぬ六人の女たちに監禁され、翻弄される姿が描かれてゆく。彼女たちに惑わされるコマーシャルフォトグラファーの男を演じたのは竹野内豊。未知の森に迷い込んだ極限状態にあっても人間性を失わない清廉さを体現して、予測不能な物語を力強く牽引してみせている。

映画『唄う六人の女』場面写真

この記事の写真を見る


関連情報

関連記事

最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る