クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

<2022年話題のドラマ>韓国ドラマリメイクから、新人脚本家の生み出したヒット作まで

エンタメ

  • twitter
  • facebook
(左上から時計回りで)川口春奈、竹内涼真、綾瀬はるか、菅田将暉
(左上から時計回りで)川口春奈、竹内涼真、綾瀬はるか、菅田将暉 クランクイン!

関連 :

西島秀俊

綾瀬はるか

菅田将暉

川口春奈

林遣都

仲野太賀

百田夏菜子

比嘉愛未

長澤まさみ

竹内涼真

今田美桜

 2022年は、北京冬季オリンピックやサッカーW杯カタール大会など、スポーツの明るい話題が豊富だった一方で、国内外では重大事件がひん発。混迷を極めたこの1年、テレビドラマはどんな物語を紡いできたのか。ここでは話題になった2022年のテレビドラマをトピックに分けて紹介していきたい。

【写真】菅田将暉、綾瀬はるか、長澤まさみ<2022年話題のドラマ>写真で振り返る

■ 依然続く「考察ブーム」にネット沸く


 ドラマの楽しみ方としてブームを超えてすっかり定着したのが“考察”というスタイル。その先駆けとなった2019年放送の『あなたの番です』(日本テレビ系)の制作陣が再結集し、2021年10月から半年にかけて放送されたのが『真犯人フラグ』(日本テレビ系)だ。妻子が行方不明になる中、疑惑の目を向けられる主人公・凌介(西島秀俊)。彼が家族を取り戻そうとする戦いを、サスペンスフルかつコミカルに描いていく。香里奈や生駒里奈の怪演や上島竜兵さんの好演も話題となった。

 2021年の『最愛』が数々の賞に輝く大成功を収めたTBSは、4月期に二宮和也を主演に迎えて『マイファミリー』を放送。二宮ふんする主人公・温人が、連続誘拐事件に巻き込まれる物語をスリリングに活写。視聴者は、事件の真犯人や黒幕の予想で大いに盛り上がった。

 また2022年は1月期と4月期にフジテレビ系の月9枠では、菅田将暉主演の『ミステリと言う勿れ』と綾瀬はるか主演の『元彼の遺言状』の考察系2作品が続けて放送。7月期には坂元裕二脚本の『初恋の悪魔』(日本テレビ系)も話題になる中、10月期には実際の事件に想を得た『エルピス —希望、あるいは災い—』(カンテレ・フジテレビ系)が、社会派系考察ドラマとして新機軸を打ち出した。

■ 人気韓国ドラマや90年代の傑作などリメイク作が話題に


 近年急増しているのが日韓リメイクドラマ。これまでも2010年の『Mother』(日本テレビ系)や2014年の『昼顔~平日午後3時の恋人たち』(フジテレビ系)などの作品が韓国でリメイク。逆に日本では2019年に『ボイス 110緊急司令室』(日本テレビ系)、2021年には『知ってるワイフ』(フジテレビ系)などの作品が、韓国ドラマの日本版リメイクとして製作・放送されている。

 そんな中、7月期に大きな注目を集めたのが竹内涼真主演の『六本木クラス』(テレビ朝日系)だ。原作はNetflixで2020年3月に全世界配信され大ヒットしたパク・ソジュン主演の『梨泰院クラス』。日本版は脚本を『おっさんずラブ』シリーズ(テレビ朝日系)や『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)で知られる徳尾浩司が担当。原作のエモーショナルなストーリー展開や主人公の織りなす恋模様を見事にほん訳してみせた。

 4月期には、1992年に石田ひかり主演で放送され人気を集めた『悪女(わる)』(読売テレビ/日本テレビ系)のリメイク作『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(日本テレビ系)も放送。意外にも本作でドラマ初主演となった今田美桜が型破りな新入社員・田中麻理鈴役で新境地を開拓した。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv