クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

制約だらけの過激な「R18+映画」、実はメリットも多い?

映画

 18歳以上が鑑賞できる“R18+”映画。現在公開中の『ニンフォマニアック Vol.1』(Vol.2は11月1日より公開)、クエンティン・タランティーノが大絶賛したイスラエル映画『オオカミは嘘をつく』(11月22日公開)、キム・ギドク最新作『メビウス』(12月6日公開)など、粒ぞろいのR18+映画が揃っている。単純に考えて、鑑賞制限がかかっているのだから、デメリットばかりな気がするのだが、実際のところ、どうなのだろうか。R18+映画を探ってみた。

『ニンフォマニアック』場面写真

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv