クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

霜降り明星、最年少M‐1王者は10代で漫才を披露していた“異端児”

エンタメ

霜降り明星(左からせいや・粗品)
霜降り明星(左からせいや・粗品) クランクイン!

 2日に行なわれた漫才日本一決定戦『M‐1グランプリ2018』(ABCテレビ・テレビ朝日系)を制したのは、26歳のボケ担当のせいやと25歳のツッコミ担当の粗品からなる20代のコンビ霜降り明星だ。2人は共に小学生、高校生という10代の頃から人前で漫才を披露していたという。

【写真】『M‐1グランプリ2018』激闘の様子

 エントリー既定が結成15年以内の本大会。後藤淳平・福徳秀介からなるお笑いコンビ・ジャルジャルは、今年がラストチャンス。最終決戦まで進出し、優勝にあと一歩のところまで迫ったが、3位という結果で自身のM‐1での戦いに幕を下ろした。さらに昨年の準優勝で、今年も優勝候補筆頭に挙げられていた水田信二・川西賢志郎からなるお笑いコンビ和牛は、最終決戦で審査員7人から3票を獲得し、あと1票入れば優勝というところまで迫ったが、3年連続準優勝という結果に。

 ほかにも、よしもと芸人以外で唯一の決勝進出を果たし、完全アウェイの中で輝きを放ったトム・ブラウン(布川ひろき・みちお)、同日行われた敗者復活戦からはい上がった兄弟漫才師・ミキ(昴生・亜生)が4位に食い込むなど、笑いと涙、感動と奇跡がふんだんに詰まっていた今大会。そんななか、最後に歓喜を浴びたのは、審査員のナイツ塙宣之から「よしもとの宝」と絶賛され、同じく審査員のダウンタウン松本人志に「(優勝)トロフィーのシルエットが2人のまんま」と言わしめた20代の2人だった。

 よしもと芸人は、NSC(吉本運営のタレント養成所)卒業からプロに転向する者が大半だが霜降り明星はNSC卒ではない。お笑いの会場で出会い、2013年にコンビを組んだ異端児だ。

 せいやは、幼少期からの漫才好きで、小学6年生のときに同級生の当時の相方とNHKで漫才を初披露している。この番組で司会を務めていた陣内智則から、「おまえら、ビッキーズ(木部信彦と須知裕雅からなるお笑いコンビ。2007年解散)よりオモロイで」と声をかけられたほど、腕は確かだった。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access