クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

中田秀夫監督、“恐ポップ”で新境地開拓! 『事故物件 恐い間取り』『恐怖新聞』にSNSにぎわう

映画

映画『事故物件 恐い間取り』メインビジュアル
映画『事故物件 恐い間取り』メインビジュアル(C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

 事故物件、恐るべし。8月28日に封切られた中田秀夫監督、亀梨和也主演の映画『事故物件 恐い間取り』は平日の公開初日で興収1億円を突破。週末の3日間で34万人以上を動員し、4億6000万円超えの大ヒット。興行収入ランキング第1位を獲得する好スタートを切った。その勢いは翌週も衰えず、映画観客動員ランキングで堂々のV2を達成。公開から10日間で10億円を上回る興収をあげ、快進撃を続けている。さらに、現在放送中のドラマ『恐怖新聞』も第1話のオンエア直後から話題騒然。ツイッターでトレンド入りを果たすなど、SNSを中心に中田監督が仕掛ける“恐ポップ”が新たなムーブメントを起こそうとしている。

【写真】“恐ポップ”で話題『事故物件 恐い間取り』場面写真

◆コワいけど面白い! みんなで語りたくなる“恐ポップ”の魅力

 『事故物件 恐い間取り』は“事故物件住みます芸人”こと、松原タニシのノンフィクションを原作に、亀梨ふんする芸人ヤマメが殺人や自殺が起きた「曰くつき物件」を渡り歩き、さまざまな怪異と出会う物語。この劇中、ヤマメのサイン会が行われる場面で「タスケテ」と謎の声が聞こえると話題になり、劇場に再び駆けつけるリピーターも増えている。SNSに投稿される感想も日々、アップデートされて白熱している。

 『事故物件』の魅力をひとことで言い表すなら、中田監督自身が“恐ポップ”と命名した新感覚の面白さ。『ザ・リング2』(2005)でハリウッドでの映画作りを経験し、和洋それぞれのホラーな感覚に触れた監督が、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)に触発されて挑んだ「恐いけど、なぜか笑える」不思議な爽快感。じめっと恐怖が後をひく従来のJホラーとは異なる突き抜けたエンタメ感が、積極的にホラーを楽しみたい若い世代を中心に大いにウケている。映画『スマホを落としただけなのに』シリーズや、ドラマ『リモートで殺される』(2020)など、タイトルだけで“いま”を感じさせる恐怖を描いてきた中田監督ならではの狙いが見事に的中したかたちだ。

 関西芸人の世界を舞台にした『事故物件』では、主人公ヤマメを巡る友情や恋、仕事仲間との掛け合いが生み出す独特な笑いの空気が“恐ポップ”に貢献していることは確かだが、それ以外にも典型的なJホラーとは異なる「恐さ」を探るユニークな作劇がいくつもある。

 ひとつは、今までなら「動く心霊写真」に直面したような鳥肌感覚を追求し、人間らしさを極力削ぎ落して演出してきた幽霊像を、堂々と肉体の質感を感じさせる役者が演じていること。

 ふたつめは、そんな幽霊が出現したときに、対処できるワケ知りの達人が登場すること。彼らは常に陽気なキャラクターで、コミックリリーフの役割を果たす。本作では笑顔で事故物件を次々と紹介し、ピンチのときには小籠包を頬張りながら秘策を授ける不動産屋(江口のりこ)、そして、通りすがりにヤマメの死相を読み取り、お守りを売りつけて風のように去る謎の宮司(高田純次)が存在感たっぷりに笑いを誘う。

 最後はボスキャラとして登場する死神との戦い。ここはまさに中田監督が志向するハリウッドホラー的な「仲間と協力して怪物を倒す」ド派手なクライマックス。お線香の火花が怪光線となって飛び交うスペクタクルな除霊バトルは、中田監督の出世作『リング』(1998)でクスリとも笑わせない問答無用の恐さに震え上がった古参ファンを仰天させ、若い観客たちはメガネキャラを含めた男女3人組の主人公の死闘に「これは『ハリー・ポッター』へのオマージュか? それともまさかの『スター・ウォーズ』か?」と大興奮。

 一方で、“恐ポップ”を追求しつつ、陰惨なJホラー的演出がしたたかに残されているのもミソ。ヤマメたちを霊の世界に招き寄せる赤い女、家庭内暴力を受けた老婆の死霊、首吊りロフトのエピソードなど、ゾッとする本格的な恐怖描写が要所に配置され、スパイスとしてピリッと物語を引き締める。その結果、『事故物件』はエンタメ指数高めで、恐すぎず、しかも満足感があり、あれこれとSNSで感想を語り合える、旨味たっぷりの楽しい作品になった。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access